詳細は弁護士ドットコムHPよりお問い合わせください。

<配信ページ一覧>
メンタルヘルスをめぐる実情と法制度約12分
メンタルヘルスが問題となるメカニズム、傾向や類型のほか、現在までの法制度などを講師の経験から実践的な解説を加えます。
1.メンタルヘルスが問題とされる理由
2.ンタルヘルスの不調の種類、原因
3.メンタルヘルスに関する法律
4.メンタルヘルスの不調と労災認定

メンタルヘルスに対する具体的な体制づくり約13分
企業側として、どのような体制づくりが必要とされるものであるのか、具体的な対応法について解説します。
1.体制づくりの必要性
2.従業員のメンタル不調とプライバシー・個人情報への対応~ストレスチェック制度
3.具体的な対応(中⼩企業対応、担当者・管理職の職務、就業規則の改訂)

メンタルヘルスと採用をめぐる留意点約15分
企業が人材を採用する際にメンタルヘルスに関し、留意すべき点と実務上の対応について解説します。
1.採用選考時にメンタルヘルスについて尋ねてよいか
2.採用選考時におけるメンタル不調の罹患暦の見分け方と詐称への対応

メンタル不調者の発見時の対応約19分
従業員にメンタル不調者と思われる社員がいる場合の企業側に求められる対応について、具体的な対応法の詳細を解説します。
1.メンタル不調者のサイン
2.メンタル不調と思われる社員がいる場合の初動対応
3.問題社員とメンタル不調
4.メンタル不調であることを自覚せず出社を拒否する社員の解雇
5.メンタル不調の原因が業務上の理由であるか否かの判断

メンタル不調者の休職~復職・退職までの対応約24分
メンタル不調である従業員に対し、企業側に求められる具体的な対応法を、休職前、休職中、復職等の段階ごとに詳細を解説します。
1.休職までの対応
2.休職中の対応
3.復職可否判断
4.試し出勤
5.復職後の留意点(配慮、状況確認方法、降格、配転・賃金減額の可否)

メンタル不調と労災約23分
従業員のメンタル不調が業務に起因するものと思われる場合の企業側に求められる具体的な対応法を解説します。
1.安全配慮義務
2.裁判例紹介
3.具体的問題(⻑時間労働〜厚労省判断基準、残業管理、転勤拒否、海外出張・赴任、ハラスメントとの関連)

セミナー概要

主催者 弁護士ドットコム株式会社
講師 弁護士法人高井・岡芹法律事務所 代表社員弁護士 岡芹健夫
日時 2024年2月27日(火)~配信中