『労働新聞』(平成29年1月16日号・第3096号)に岡芹健夫弁護士による判例解説「職場に役立つ最新労働判例『国立精神・神経医療研究センターほか事件』(東京地裁平28・2・22判決)~年俸制導入で賃金減、業績や貢献度不当と差額請求」が掲載されました。

こちらのボタンより紙面をダウンロードしてご覧頂けます