『労働新聞』(平成24年7月9日号・第2880号)に、「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」(毎週1回)が掲載されました。第2回のテーマは、<登録型派遣~“原則禁止”を削除へ 現状踏まえた妥当な判断>です。

登録型派遣とは、登録型派遣の問題点、登録型派遣の原則禁止案、登録型派遣の原則禁止に対する反対意見、改正法案の修正、等を述べています。

この連載は、当事務所の岡芹健夫弁護士、小池啓介弁護士、米倉圭一郎弁護士による持ち回りでお届けいたします。

こちらのボタンより紙面をダウンロードしてご覧頂けます