『労働新聞』(平成24年7月2日号・第2879号)に、岡芹健夫弁護士による「緊急連載・改正労働者派遣法の実務対応」(毎週1回)が掲載されました。第1回のテーマは、<総論~労使双方に不利益 2年間の変遷混乱招く>です。

今回成立した労働者派遣法改正法と2年前の改正法案、平成22年の派遣法改正法案から今回の派遣法改正法への変遷に至った背景、派遣法改正の変遷を巡る実務界の混乱と派遣法改正の真の背景、等述べています。

:岡芹健夫、廣上精一、安倍嘉一、小池啓介、米倉圭一郎による持ち回り連載

こちらのボタンより紙面をダウンロードしてご覧頂けます