『労働新聞』(平成25年5月13日号・第2920号)に、岡芹健夫弁護士による「企業を守る メンタルヘルス リスク管理」(毎週1回)が掲載されました。第17回のテーマは、<休職期間満了による退職・解雇 正当性を慎重に判断 復帰の見込みはないか>です。

本連載は、岡芹健夫弁護士小池啓介弁護士米倉圭一郎弁護士が執筆を担当します。

こちらのボタンより紙面をダウンロードしてご覧頂けます