ある部署が行った新入社員の歓迎会の二次会で、上司であるA課長から仕事の話をしながら太ももを触られたとして、女性新入社員から会社に被害の申出がありました。これはセクハラに当たりますか?

会社としては、さらに具体的な状況を調査のうえで判断することが必要ですが、申出の内容からは、セクハラに当たる可能性が高いと言えます。

セクハラとは?

まず、セクハラとは、「職場において、労働者の意思に反する性的な言動が行われ、それを拒否したことで解雇、降格、減給などの不利益を受けること(対価型セクハラ)」、及び、「性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に大きな悪影響が生じること(環境型セクハラ)」と定義されており(男女雇用機会均等法[以下「均等法」といいます]第11条第1項)、「職場」で行われた行為か否かが一つのポイントになっています。

つまり、性的な言動が行われた場が「職場」であれば、会社は「雇用管理上必要な措置」(同条項)を講じる必要があることになりますが、「職場」でなければ、必ずしも会社が措置を講ずる必要はないことになります。

職場の範囲とは?

では、「職場」の範囲については、どのように考えればよいのでしょうか。

均等法に関して厚生労働省が作成した「事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針」(平成18年10月11日厚生労働省告示615号では、「職場」の範囲について、事業主が雇用する労働者が業務を遂行する場所の他、取引先の事務所、取引先と打ち合わせをするための飲食店、顧客の自宅等、労働者が業務を遂行する場所であれば「職場」に含まれる、としています。

したがって、就業時間外の社外での飲み会であっても、飲み会の趣旨と業務との関連性や、参加が実質的に強制されているか等の事情により、業務と関係があるといえれば、「職場」にあたるものとして、会社としては、社内で発生したセクハラと同様に対処することが必要です。

 

設問のような、新入社員の歓迎会の趣旨は、今後共に仕事をしていくために、新入社員の紹介や、上司・先輩社員との懇親を図るという点にあると思われ、また、新入社員が歓迎会に参加しないという選択をすることは、現実的には難しいと思われます。また、「二次会」への参加が実質的にも自由であったとしても、上司が新入社員に対して仕事の話をする場合には、同僚どうしで仕事の話をする場合とは異なり、教育・指導としての側面が強く、業務との関係を否定することはできないでしょう。必要もないのに女性の太ももを触る行為が、「性的な言動」に当たることは言うまでもありません。 

以上

(「現代型問題社員対策の手引〔第4版〕-生産性向上のための人事措置の実務-」 民事法研究会より 一部加筆しています)

民事法研究会HPはこちら