従業員の中にメンタルの不調が疑われる者がいます。精神科医に診断するようにいったところ、知り合いの精神科医へ診断を受け、特に異常がないといった内容の診断書を持ってきました。しかし、本人の言動からして、とても異常がないように見えません。会社としては他の精神科医に受診させたいのですが、可能でしょうか。

精神疾患は、医師によって判断の分かれやすいところがあり、同一人の同一の疾患について、精神疾患の有無・程度の判断が分かれることも珍しくありません。そこで、会社としては、合理的な判断ができる医師に診断をゆだねたいところです。そこで、会社の側としては、まずは産業医に面談し、その意見を求めつつ、産業医の推薦・指定する医師の診断を指示するのが通常の方法となります。なお、従業員の側にも医師選択の自由があり、合理的な理由もなく一方的に受診する医師を決定することもできませんが、産業医自身が、労働安全衛生法により会社に選任が義務づけられた医師である以上、その産業医に面談すること、産業医の指導に従うことも、従業員としての責務であると言えるでしょう(無論、これにより、従業員がその希望する医師にかかってはいけないということにはならず、従業員としては、希望する医師にも診断を受けることは可能です。)。

その上で、産業医(若しくはその指定する医師)と従業員の規模する医師との判断が分かれる場合は、いずれの医師の診断が合理的か、の判断となります(これは、次に機会があれば、説明いたしますが、概ね、産業医の判断が優先される傾向があります。)。

以上