「取締役の教科書 これだけは知っておきたい法律知識」経団連出版
著者 岡芹健夫
出版社 経団連出版
初版発行日 2013年6月20日
サイズ A5判
ページ数 178頁
本体価格 1800円(税抜)
ISBN 978-4-8185-1352-5

内容紹介

◇心得ておくべき原則とは? 企業トップの義務と責任

現在のような少子高齢化による国内市場縮小の時代において、なお、会社が収益を追求するには、他社より優れた施策が必要です。このような環境下、会社の経営方針を決定する取締役には、時代と市場の動向を的確に見通したうえでの「適切」な経営判断が求められ、不適切な判断を行えば、損害賠償義務を負担することになります。
本書は、取締役の地位・権限およびその裏返しである責任について極力具体的かつ平易に解説しました。

目次

Ⅰ 取締役の地位と職責
○善管注意義務(忠実義務)の具体的内容と程度
○代表取締役、業務執行取締役などの義務と権限
○株主総会における説明義務

Ⅱ 取締役の義務
○競業避止義務を負う取締役の範囲
○同業他社の代表取締役等への就任
○株式引受けと利益相反取引の適用

Ⅲ 会社に対する取締役の責任
○利益供与に関与した者の刑事上の責任
○取締役の監視義務と監視手法
○株主代表訴訟への対応

Ⅳ 第三者に対する取締役の責任
○代表取締役の任務違背と平取締役の責任
○取引先の倒産と自社取締役の責任

Ⅴ 損害賠償以外の取締役の責任
○会社法上の刑罰規程
○粉飾決算による違法配当の刑事責任 ……