「高井式 一生使える勉強法 成長モードにスイッチする」かんき出版
著者 高井伸夫
出版社 かんき出版
初版発行日 2009年10月5日
サイズ 判型:46判
体裁:並製
ページ数 224頁
本体価格 1,470円(5%税込)
ISBN 978-4-7612-6632-5

内容紹介

ベストセラー『朝10時までに仕事は片付ける』の著者が書いた、「すぐ使える、続く、成長する」勉強術。デキる人はやはり勉強している。周りからも尊敬され、自己実現を確実にするための「脱・三日坊主」宣言。そのノウハウを公開。

目次

プロローグ 何のために勉強するか

  • 成長をもたらす「学び」の習慣と考え方
  • 勉強しないと賞味期限切れの人になる
  • 勉強はやり方次第で成果がぜんぜん違う
  • 勉強とは最初の一歩をまず踏み出すこと
  • 「机の前に座る」勉強法は、三日坊主で終わりやすい

第一章 勉強グセがつく発想と生活

  • 習慣になるまで続ける
  • 朝型人間になる
  • 勉強好きになる読書の習慣化
  • 新聞は、読む順序にコツがある
  • 文章を書くクセは論理的思考に役立つ
  • 人に教えることが最高の勉強法になる
  • スキマ時間で大きな差がつく

第二章 同じ学びで差をつける

  • 脱常識になれる人の能力はアップする
  • 脳をいつも活性化させている勉強上手な人
  • 休みがあるから集中できる
  • 格差社会の勉強法を知っておく
  • 「現場百回」が人の能力を高める
  • 未来のために勉強する
  • 数字に対する感性を磨くコツ
  • 「人を見る力=直感力」を磨く勉強を
  • 情報を鵜呑みにせず“疑う”ことも勉強のひとつ

第三章 長続き勉強法のための楽しみ方

  • 誰でも工夫しだいで勉強好きになる
  • 知恵を求めるのは楽しい
  • 一歩でもプラスの方向に前進してみる
  • 「無用の用」も大切に
  • 飯を食うのも勉強のうち
  • 旅から学べるものも多い

第四章 人から賢く学ぶ勉強法

  • 「他人知恵」を借りる方法とは
  • 質の良いブレーンをつくる
  • 良きメンター選びのための六つの条件
  • 超一流師匠の弟子に、タダでなる方法
  • 子供向けの伝記を読むのが手っ取り早い
  • 「嫌いな人」からも学ぶ人ほど成長する
  • 「日本の歴史と文化、伝統」は必修科目
  • 「道を学ぶ」のが早道
  • 苦手でも「理系の感性」を磨いておく
  • たまには領空侵犯をしてみる

第五章 好奇心を失わない戦略

  • 魅力のある人は「子供の心」を忘れない
  • 勉強は、まずキーワード化する。
  • 聞き上手ほど、勉強でいい結果を生む
  • ネットからは情報を、人からは思いやりを学ぶ
  • 勉強の幅を広げてくれる人間関係の大切さ
  • なぜ日本人は議論がヘタなのか
  • 仕事でアイデアを生み出す人の共通点
  • 暗示一つで“勉強好き”に変わる
  • セミナーは勉強するだけのところではない
  • 問題発見能力を高める「胸騒ぎ」に敏感に!
  • ボーッとする時間ほど、勉強には大切!

第六章 自分流を貫くと、能力が上がる

  • なぜ自分流がいいのか
  • アドリブが利く人間になる方法
  • 自分流のメモ術を開発した人は強い
  • デキる人が基礎を固める、三つの学び方
  • 情報は出すほどに入っている
  • 週末はネットとケータイから離れなさい
  • 「釣りバカ日記」のハマちゃんになれ!