「労働法実務 使用者側の実践知〔LAWYER’S KNOWLEDGE〕」有斐閣
著者 岡芹健夫
出版社 株式会社有斐閣
初版発行日 2019年12月25日
サイズ A5
ページ数 484頁
本体価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-641-24326-2

内容紹介

第一線で活躍中の弁護士が、その実務を支える技を網羅的に披露。

クライアントへの法的アドバイス、受任後の初動対応、キーとなる類似裁判例の見つけ方・読み方など、使用者側弁護士として押さえるべきポイントがわかる。

労働法実務初心者の必読書。

目次

PART1 個別的労働紛争
CH.1 労働契約性
CH.2 労働契約の成立
CH.3 成立した労働契約の内容
CH.4 採用の自由
CH.5 使用者
CH.6 労働契約の承継
CH.7 試用期間
CH.8 賃金(残業の問題を含む)
CH.9 労働時間
CH.10 配転・出向・転籍
CH.11 昇格・降格
CH.12 雇用平等,ワーク・ライフ・バランス
CH.13 ハラスメント
CH.14 安全配慮義務
CH.15 懲戒
CH.16 休職と自宅待機
CH.17 労働条件の変更
CH.18 解雇(懲戒解雇を除く)
CH.19 解雇以外の雇用終了
CH.20 有期労働契約による雇用

PART2 集団的労働紛争
CH.1 労働組合加入,結成に関する紛争
CH.2 団体交渉
CH.3 団体行動
CH.4 労働協約
CH.5 不当労働行為