高井伸夫の人物交遊譚の最近のブログ記事

20140317IMG_2801.JPG

2017年3月5日(日)8:32 東京都千代田区一番町にてエレモフィラ・ニベアを撮影
花言葉:「憧れの佳人」

 

 

ガブリエル橋口佐五衛門神父様 帰天

 

1月13日に、ガブリエル橋口佐五衛門神父(89歳)が帰天したとの知らせが、事務所にFaxで舞い込んだ。帰天とは、ローマ・カトリック教会の用語で、信者が天に帰る(死亡する)ことであり、同月16日に通夜があるというので、参列した。

 

橋口神父は1927年1月28日長崎県平戸市木ヶ津町生まれで、1941年4月に聖母の騎士小神学校に入られた後、1951年に聖母の騎士修道院にて終生誓願宣立(一生涯、修道会の会員として生きること)をされた。1961年にはローマ・ラテラン大学で学ばれ、1970年にはドイツへ派遣された。帰国後は、亀有修道院院長、赤羽修道院院長を歴任され、また、日本管区が設立された初期の時代に管区長を務められた。亡くなった際には、亀有修道院の協力司祭であった。

 

小生と神父が出会ったのは、神父が関町修道院にいらっしゃった2005年8月のことである。この時も管区長を務めておられた。

橋口神父は、我が妻孝子と長女真理子の葬儀を執り行ってくれたし、孫の愛実に洗礼を授けてくれた方である。2008年6月21日に妻孝子が亡くなったが、葬儀の後で、孝子が洗礼を受けたのはイスラエルのカファルナウム(カペナウム)の丘にある山上の垂訓教会であると神父に教えていただいた。孝子が生前に洗礼を受けた場所を見たいとの思いから、神父にイスラエル政府公認ガイド信夫兆平氏をご紹介いただき、同年12月27日出発31日帰国の日程で亀梨伸夫君と一緒にイスラエルを訪問し、山上の垂訓教会を訪ねた。なお、信夫兆平氏にはその後もご縁をいただき、当事務所の事務所報に2009年盛夏号から2010年新春号まで4回にわたりご寄稿いただいた。

神父には孝子の7回忌のミサも執り行っていただいたが、折に触れ孝子や長女真理子を始め小生の家族のために祈りを捧げてくださり、その心遣いは身に染み入るものがあった。神父の通夜を執り行った亀有修道院院長 藤澤幾義神父も橋口神父のことを「よく祈る修道司祭だった」と通夜でお話しされていた。

 

神父とは、昨年4月には、亀有で一緒にお花見をして、昨秋には紅葉狩りにお誘いすることを約束していたが、昨年の春に足を骨折して入院したままお会いすることなく亡くなってしまった。

本当に朴訥な神父で、長崎の美しい湾にたたずむ教会で人目につかぬようひっそりと祈りをささげていた隠れキリシタンを彷彿とさせる人物であった。

 

カトリックでは、人の死をキリストの死と復活の神秘との結びつきの中でとらえるという。人の死は、復活の命へと導く神の働きなのだそうだ。神父が死の闇を通り抜けられて、光の国に迎えられ、永遠に失うことのない真の幸せを与えられていることを祈らずにはいられない。

以上

 

 

この記事にコメントをする

IMG_2645.JPG

2017年1月29日(日)8:13 千代田区大手町1にて寒桜を撮影
花言葉:「気まぐれ」

 

 

朝日新聞記者 高橋美佐子さんと小生のご縁

 

朝日新聞の夕刊紙面で2016年12月12日から28日まで全12回にわたり連載されていた「人生の贈りもの~わたしの半生 作家落合恵子氏」の記事を拝読していて、担当者欄に高橋美佐子さんの名前を見つけた。

この連載は、落合恵子さんが高橋さんに対して心を開いている様子が感じられる見事な内容であった。高橋さんを知る者のひとりとしてうれしかった。

事務所の記録をみると、小生が高橋さんと初めてお目にかかったのは、2006年5月のことである。

 

小生は株式会社ABCCookingStudioの法律顧問をしているが、おそらく2006年5月に、同社の創始者である志村なるみさんが朝日新聞から取材を受けられ、その担当記者であった高橋美佐子さんを志村さんからご紹介いただいたのであろう。高橋さんは溌剌とした爽やかなお人柄であり、そして、読者に何を伝えるべきか真摯に取材対象となる方に向き合い、使命感をもって仕事をしておられるという印象を受けた。

高橋さんは、朝日新聞入社後、長野支局、横浜支局を経験し、2000年から東京本社の社会部へ配属され、その頃、首都圏で働く20代~30代のOLをターゲットにした連載企画「口紅のささやき」などを担当しておられたそうだ。小生が初めてお会いした2006年ごろは、朝日労組本部広報部長も務めておられた。その後、名古屋本社報道センター社会グループ、東京本社文化くらし報道センターで生活面キャップを務められた。

(なお、2008年4月に小生が立ち上げた勉強会「キャリア権研究会」に、小生から高橋さんにお願いして、2年間にわたりご参加いただいたということもあった。)

2009年10月~11月にかけて、当時の夕刊一面の連載「にっぽん人脈記」に、「排泄と尊厳」というタイトルで署名入りの連載記事を書かれたことも、大変印象深いお仕事として記憶に残っている。介護問題とも密接に関連し、人間にとっての根源的かつ重要なテーマに正面から挑んだ力作であったと思う。また、取材班のひとりとして参画された2010年末の朝刊一面などの年間連載「孤族の国」では、単身世帯が急増する日本社会の実情に迫っておられた。高橋さんは、社会で弱い立場にある人の抱える問題を、独自の視点で丁寧に取材して読者に伝えることを、自らの信条とされているのではないだろうか。

2012年には東京本社デジタル編集局デスクに異動され、テレビ朝日CS2「ニュースの深層」でキャスターを務められ、2013年4月には、『週刊朝日』副編集長として朝日新聞出版へ出向された。異動のご連絡を受けた際には、放送や雑誌という新分野に果敢に挑戦される高橋さんを頼もしく思った。朝日新聞出版時代には、2年連続で東京大学情報学環境部「メディア論」(後期)にて講義を担当されるなど、活躍の場を拡げ、2015年に古巣ともいえる東京本社文化くらし報道部に異動され、現在は再び記者として活躍しておられる。

 

高橋さんは、同じく朝日新聞で記者をされている上野創(はじめ)さんと、上野さんが26歳でがんを発症された1997年に結婚された。高橋さんのご紹介で、小生は上野さんにお会いしたことがあるが、柔和な優しい雰囲気の好青年であった。再発や4度の手術を経て社会復帰を立派に果たされるまでには大変なご苦労があったことは、ご著書『がんと向き合って』にも綴られている。上野さんとともに歩み、上野さんを勇気づけた高橋さん。すばらしいおふたりだと思う。民間療法だといわれるかもしれないが、小生から、真夏に裸足で海岸の砂地を歩くこと、特に熱い砂地を歩くと良いとアドバイスをしたこともある。

高橋さんの妹さんは、ソプラノ歌手の高橋美千子さんである。高橋さんにご紹介いただき、2011年12月2日に開催した弊所年末講演会のコンサートでは、美千子さんに素晴らしい歌声を披露していただいた。アメージング・グレイスやアヴェ・マリアを歌い上げる美千子さんの美声がコンサート会場内に響き渡り、圧巻であった。

 

高橋美佐子さんは、現在は朝日新聞文化くらし報道部生活グループで記者をされている。様々な経験を経た彼女がこれから何をどのように伝えていくのか、今後も応援していきたいと思っている。

 

以上

 

 

この記事にコメントをする

 

青山俊董先生「泥があるから花は咲く」(幻冬舎)出版に寄せて

 

曹洞宗の大教師である青山俊董先生が、『泥があるから花は咲く』という本を出版されたことを12月9日の東京新聞の広告で知った。泥があるから花は咲く画像

私は、青山先生に何度かお会いしたことがある。初めてお会いしたのは、過去に弊所に在籍していた手塚成章氏が出家して、青山俊董先生の元でご指導をいただいたということから、2000年(平成12年)12月1日、弊所の年末講演会で青山先生にご講演いただくことになりご挨拶させていただいた。同講演会では、「いかに生きるべきか」と題してご講演いただいたのである。その後、年末講演会の御礼もかねて、名古屋の愛知尼僧堂にご挨拶に伺った。長野県塩尻市片丘の無量寺へは、2度ほどご挨拶にお伺いしたが2011年(平成23年)9月27日にお訪ねした際には無量寺から車で15分ほどのところにある、塩尻駅前のホテル中村屋で食事をご一緒させていただいた。

 

青山先生は日本の古代史についても博識で、色々なお話をしていただいたが、一番印象に残っているのは、邪馬台国と大和は同じ言葉だという話だ。邪馬台国は新羅語で、大和は百済語だったという話であった。そしてまた、無量寺にお邪魔した際に、非常に草木を愛しておられる印象も受けた。その他にも、お弟子さんが沢山お見えになることに驚いたのを覚えている。瀬戸内寂聴氏よりも位が上だとお聞きしていたが、まさにそれに相応しく、懐が深く広い人で、日本で最初に女性として大教師として迎らえたのも当然であろう。

 

冒頭の『泥があるから花は咲く』は、そんな青山先生が人生の意味について先生らしい言葉で語っているとのことなので、早速購入を手配した。青山先生の著作はたくさんあるが、その集大成として今から読むのを楽しみにしている。

 

以上

 

この記事にコメントをする
2016111704.jpg

右上から時計回りに 全て2016年10月29日(土)に撮影
10:33 グラジオラス 花言葉:「用心、思い出」
10:49 ハマユウ 花言葉:「清潔、どこか遠くへ」
11:12 ケイトウ 花言葉:「おしゃれ、風変わり」


 

~株式会社新規開拓代表取締役社長朝倉千恵子様が韓国ソウル大学で日本を代表してご講演されました~

 

兼ねてより親しくさせていただいている、株式会社新規開拓代表取締役社長朝倉千恵子様が、この10月25日に、韓国のソウル大学にて、日本の女性経営者で初めて、「日本で活躍する女性社長、成功の条件 ~ 勝ち残る企業・人財の条件 ~」というテーマで講演された。

今回、このような機会を作って下さったのは、朝倉様が主宰している卒業生2,000名を超える女性限定の塾「トップセールスレディ育成塾」の34期生である木下良美様よりご縁をいただいた株式会社ユナイテッド・ブックス 代表取締役社長 神澤 享裕様とのこと。

神澤様は、韓国で20年以上ビジネスを続けてきており、ビジネス誌の出版会社としてはナンバー1だそうで、全ての出版を合わせても、韓国で5本の指に入る業績を誇られるという。

今年の2月、神澤様との会食時に、朝倉様より「韓国で講演をやりたい」旨お伝えしたところ、その後、韓国国内で奔走して下さり、ソウル大学 大学院 教授 金 顯哲様をご紹介いただき、講演が実現したとのことだ。

神澤様曰く、「韓国は元々儒教の国であり、礼儀礼節をとても重んじている国。本来大切にしてきた礼儀礼節が、家庭から崩れていってしまっているような現状がある」とのことだが、このことも講演実現の背景にあるに違いない。笑いあり、感動あり、訓練ありの講演会に終わったそうだ。

更には、今から遡ること約10年前、朝倉様は、講談社より自身の著作を韓国語に翻訳出版されていたことも、今回ソウル大学での講演実現を後押ししたに違いない。

朝倉様は2011年11月中国(上海)での講演にて、「礼儀礼節に国境はない」と感じられたそうですが、今回のご登壇も、正に国境を越えたソウル大学の皆様に、「礼儀礼節が如何に大切なのか」を伝える良い機会になったということでしょう。

こういった国際貢献活動をする企業が増えることが今後の日本にとっておおいに必要なのではないでしょうか。同社及び朝倉様の今後の活躍を応援したいと思います。

参考:株式会社新規開拓 朝倉様のブログ「10月25日(火)ソウル大学大学院 講演会」

http://s.ameblo.jp/shinkikaitaku-asakura/entry-12213903520.html

 

~草間彌生氏の平成28年度文化勲章受章ニュースに際して思い出したこと~

 

私はずいぶん以前に、草間彌生氏に直接お会いしたことがある。

今ほど有名になられる前であったが、当時、マネジャーの高桑君と一緒に事務所に来所され(1989年12月)51枚の版画を購入した。その後も時たま個展の案内状をいただいたが、それ以来お付き合いはないので、全く私の世界からは遠い人になってしまっている。

当時の草間さんの絵を見ると、内なる欲求を絵にぶつけていたような気がしてならない。購入した作品のうちの何枚かは私の友人のご子息やご令嬢の結婚のお祝いとしてお贈りした。大変価値の高い美術品が、数点、私の手許を離れたことになるが、私がまだ美術品に十分目覚めていない時に購入した作品だったので、当時は惜しむ気持ちはなかったのである。

本年10月28日付けのニュースで、草間氏が文化勲章を受章されたと聞き、心からのお祝いの気持ちを抱くとともに、昔のことを思い出した次第である。私にとっての大ニュースであった。

 

以上

 

 

この記事にコメントをする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成