【第5回】朝倉千恵子の<出逢いの質が人生の質> 面談現場での気づき

| コメント(0)

第5回 面談現場での気づき

 

こんにちは。

株式会社新規開拓 朝倉千恵子です。

 

ありがたいことに、

これまで高井先生からご紹介を頂き、

沢山の方々と知り合い、大切なご縁を頂きました。

 

今回は、高井先生からのご紹介で、

ある経営者の方と面談をさせていただいたときの出来事を、

その時の気づきと学びを振り返りながらご紹介したいと思います。

 

 

もう6~7年前のことになりますが、

その日は久しぶりに講師としてではなく、

営業担当として面談をさせていただきました。

 

久しぶりの営業現場に腕が鳴る!!

と思っていたのですが・・・

 

いざ終わってみるとその日の面談の自己採点は、

100点満点中30点合格のところ、わずか5点・・・

 

切れ味が悪く、説得力の無い面談となってしまい、

自身の感覚がものすごく鈍っていることに気付きました。

 

先方は「高井先生のご紹介だから」

と時間を作ってくださいました。

 

高井先生も事前に私のことをティーアップしてくださっています。

 

(それなのに肝心の私が情けない姿でどうする!?)

(高井先生の顔を潰す気か!?)

 

自身の面談力、商談力の衰えに、

「これではいけない!」と心底思いました。

 

この時、極めて客観的に自分自身を見つめ直しました。

 

「朝倉!!自惚れるな。驕るな。事前準備を怠るな!」

と、もう一人の私から厳しく叱られた瞬間でした。

 

どれだけの事前準備をしたのか?

シュミレーションは?

部下との打ち合わせは?

 

仕事は全て段取りです。

プロの仕事人の世界にリハーサルはない。

まさに本番の一本勝負

 

何とかなるさ・・・では絶対にダメ。

 

しかし、この日の私は、

大事な面談・商談であるにも関わらず、

「何とかなるさ」という姿勢だったのです。

これは、立派な講師病であり、社長病です。

 

「みっともない」の語源は「見とうもない」・・・

 

この日私が行ったのは、

まさに「見とうもない面談」でした。

 

自分自身が驕っていたことに気付いたこと、

何とかなるさという姿勢で面談に挑んでしまったこと、

ここは、面談して下さった経営者の方にも、

紹介者である高井先生にも正直にお伝えしました。

 

もしかしたら、それは面談に同席していた

部下には分からないかもしれない。

お客様も気が付かなかったかもしれない。

 

しかし、自分自身はよく分かっている。

だからこそ余計恥ずかしいのです。

 

人を誤魔化すことはできても、自分を誤魔化すことはできない・・・

 

部下たちは毎日セールストークの練習を重ね、テレアポをして、

飛び込み営業をして、確実に、着実に成長している。

 

今の私はどうか!?

営業時代の地道な努力はどうした!?

 

この経験を通して、私は新たに今後の課題を見つけました。

その日の振り返りを皆さまにも共有させていただきます。

 

①ポイントは分かりやすくシンプルに

有難いことに、高井先生がご紹介くださった経営者の方は

具体的なアドバイスをくださいました。

 

「私が御社を他社に紹介するにあたって、

分かりやすく伝えることのできるポイントをまとめてください。」

 

「伝言ゲームは最終的にとんでもない方向に進む。

だからこそ、資料はわかりやすく、説明しやすくが基本」

 

会社を案内するにあたり、

自社をよりよく知ってもらう為のツールは分厚くなくてもいい。

 

・一言で説明ができること

・一枚の紙で説明ができること

 

これを意識すること。

 

②説得力のある話とは何か?

それは、話をしているときに、

相手が「なるほど・・・」と身を乗り出してくるような話。

 

人間の脳はうまくできている。

人は自分にとって必要な情報しか入らない。耳に残らない。

 

どんなにいい話を聞いても、スルーしてしまうのは

無意識の本能の中でそれを必要としていないから。

 

メモをとらなくても必要で大事な話は記憶に残るもの。

残らないということは、必要としないから・・・

 

今一度原点に立ち返って、当たり前のことをしっかりやりたい!

と思えた出来事でした。

 

このような出来事がある度に、

私は自分が営業の第一線で仕事をしていた頃を思い出しては、

日々どんなことを行っていたか、改めて思い返しています。

 

「経営者、社長が一番の営業マンである」

という高井先生の言葉は、まさしくその通り。

 

経営者になる前は、現場の一営業マン、途中から部下を持ち、

リーダーとして結果を求められるプレイングマネージャー。

 

そのときと今は何が違うのか?

経営者の立場での営業と、現場のマネージャーの立場での営業。

 

現場に足を運びお客様の困ったを

いかに解決することが出来るか?

 

誠実であれ! 謙虚であれ!

驕るな! 慢心するな!

 

と自身に何度も言い聞かせました。

 

高井先生からのご紹介を通して、沢山の素晴らしい出逢いをいただきました。

またブログの中でご紹介したいと思います。

 

株式会社新規開拓
代表取締役社長 朝倉千恵子

コメントする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成