2015年4月アーカイブ

第4回 高井先生言行手控え

| コメント(0)

 

 

IMG_5377.JPG

 

2015年3月29日(日)7:19
東京都目黒区中目黒公園にてムスカリを撮影
花言葉「通じ合うこころ」 

 

 

築地双六館館長
公益社団法人全国求人情報協会参与
吉田 修

 

 

前々回より、平成元年(1989年)、髙井先生の「就職情報誌の現状と今後のあり方」という演題でお話をいただいた折の講演録から、その示唆と洞察に富む提言を紹介しています。

 

 

■情報メディアの存在意義

 

髙井先生曰く、

 

「不動産や中古車販売業者の中には、商品に瑕疵があると知っていながら販売する不届き者もいる。

これは、商品の詳細な情報を事業者は知っているが、消費者は知らないことによって起こる問題である。

欠陥品を何も知らない消費者に売り付ければ、短期的にはその業者は儲かるかもしれないが、こういう状態を放置したら、やがて消費者は不動産や中古車販売業界を信頼しなくなり、市場は縮小し、崩壊してしまう。情報誌は、事業者と消費者の真ん中に立ち、正確で詳細な情報を提供することによって、消費者を支援し、業界の永続的な繁栄を担保する。

リクルートのような情報メディアの存在意義は、まさにここにあります。万が一、扱う広告に虚偽や誇大があれば、大きな財産的被害が生じます。求人広告の場合は、財産的な被害に留まらず、人間の存在それ自体への攻撃になることになります。そういう自覚の下に、就職情報誌の事業活動に取り組んでいかなければならないのです。」

 

 

■ノーベル賞「レモンの原理」と髙井先生

 

この髙井先生の講演は1989年に行われました。実は、2001年にノーベル経済学賞を受賞した米国のジョージ・アカロフ教授が髙井先生と同じことを述べています。消費者対応部門の方はよくご存じでしょうが、「レモンの原理」と言われるミクロ経済理論です。情報の非対称性がマーケットに及ぼす影響を論じたものです。例えば、中古車市場では、外見からはわからない欠陥車(レモン)と優良車(ピーチ)が混在していると、買い手が高い金額で欠陥車を買うことを恐れ、欠陥車に相当する金額しか払わなくなるため、市場に優良車を出す売り手がいなくなる。売り手と買い手の情報格差が原因で、質の悪い商品しか市場に出回らなくなる「逆選択」が起きるという理論です。

これが続けば市場は消滅します。

アカロフ教授がレモンの原理と呼ばれる学説を発表したのが1970年。日本に紹介され始めたのは2001年以降のことです。おそらく、髙井先生は弁護士の視点で、事業者と消費者、求人者と求職者の関係性を長年観察してこられた中で、独自に髙井先生的レモンの法則を洞察されたのではないでしょうか。本当に驚くべきことです。

 

lemon.PNG

(クリックすると拡大します)

 

 

■就職情報誌が陥りやすい三つの問題点

 

髙井先生曰く、

 

「新聞であれ、雑誌であれ、テレビであれ、広告効果を高めるためにお手伝いをするプロセスの中で、誇張した表現、あるいは誤解を招く表現には注意をしなければなりません。特に求人広告においては、三つの問題点に常に留意する必要があります。一つ目は、招致する、誘引する、引っ張り込むという動作にウェートを掛けすぎると、企業概要や労働条件の表記と実態との間にかい離が生じやすくなるということです。二つ目は、就職情報誌は、新聞広告と異なって、より詳細な労働条件の表示を旨として、これを営業の武器としています。より詳細な労働条件を知りたいとする読者に応えるべく、新聞広告に比して、より精緻な労働条件を広告内容とすることになり、客観的な事実との齟齬、ギャップが目立つという現象が出てきます。「委細面談」であればギャップは生じないが、就職情報誌は細かな労働条件を書くことに大きな価値があります。そのために特段の注意を払う必要があるわけです。三番目は、急速に増加してきた広告量の問題です。取扱い量が増えれば、絶対量として不適切な広告表示が多くなる可能性、すなわちスケール・デメリットが発生します。」

 

 

■三つのご助言

 

これら三つの問題点に対して、髙井先生は、日本コーポ事件の最高裁判決(最高裁平成元年9月19日判決)等を踏まえて、以下のご助言がありました。

 

 

  • 求人広告の誘引特性については、法的な責任のみならず、商道徳及び読者の信頼に応えるために職業安定法の労働条件の明示義務を踏まえ、誤解のない平易で的確な表示に努める仕組みを作り、管理・監督をして引き締めていくこと。
  • 詳細な情報提供については、就職情報の専門誌として高いレベルの審査システムを構築し、就業規則・登記簿謄本等審査に伴う提出書類の照合を徹底して行うこと。
  • 委細面談や三行広告ではなく、精査して豊富な情報を提供し続けること。
  • 増加する広告量については、広告制作プロセスの責任体制を明確にするとともに、内部牽制策を厳格に運用すること

 

 

を挙げられました。そして、「求職者の利益に思いを致す社是・社訓を新たに制定することが情報産業の永続性を保障する根源である」ことを繰り返し、強調しておられました。

(つづく)

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_5385.JPG


2015年3月29日(日)7:26
東京都目黒区中目黒公園にてハナモモを撮影
花言葉「人柄のよさ、恋のとりこ」 

 

※ 3月6日(金)より、数回に分けて、私が過去に顧問弁護士を務めたある会社の経営危機打開のため、私が社長宛てに提出した再建建白書「A社自力再建の指針に関する助言」を、掲載しています。3月6日(金)付記事からお読み下さい。

 

2.反省と実践

 

(1)利益追求に執念を燃やすべし

  1. 働くことに真剣であれということは、まず地道な商売を通じて利益をあげることを目標としなければならないということである。なぜならば、利益をあげてこそAの存在が社会的に認知されることになるからである。そのことは、社員の働き甲斐、生き甲斐につながることになる。赤字続きで、明日のことを明るい気持で人に語ることのできない企業において、どうして社員が生き甲斐や働き甲斐を得ることができようか。
  2. 社員は単に賃金労働者として賃金さえ多く貰えればほかは何もいうことを考えている存在ではない。
    「人はパンのみに生きるにあらず」、たった一つの生命を働き甲斐、生き甲斐、すなわち社会との融和を求めて、日々の労働に当たろうとしている存在であることを忘れてはならない。

  3. 損失を計上し続けていては、Aの社会的存在意義はなくなる。それでは社員の毎日の労働はいわば徒労に終り、残るのは疲労と不満ということにもなるのである。

  4. 企業経営をなす役員たる者、黒字を確保することに執念を燃やし、これの実現に全責任を負わねばならない理由がここにこそある。利益追求は元々私欲に端を発しながら、ここにおいてその域を超え、利益追求を通じて社会との関連、連帯を実現し、人間性を顕現させるという大義を実現しているのである。

  5. 企業経営において、実業を通じて利益を実現することは経営者の最大の責務であり、名誉と心得なければならない。この責任を果たす上で、まずこれまでAは利益追求にひたぶりに執着したことがあったかを真摯に省みてみる必要がある。
    今日までの採算の○○法改正や高度経済成長という外的条件に安易によりかかつて、自らの経営改革努力を怠り、成り行きで利益をあげてきたこと、すなわち安住・惰眠を貪り、経営努力を尽くしてこなかったことにAの今日の悲劇があると広く指摘されていることが、見当違いな誤解であると言いきれるかどうかを虚心になって検証してみることが必要であろう。
    己をも冷徹に見据える目があってはじめて明日を見つめる目が冴えてくるのである。視野狭窄は人にあっては一人を歩行困難とするが、マネジメントにおいては経営そのものを誤らせてしまう。

  6. 端的に言えば、Aの現状は倒産会社のそれであるということである。社長交代は何よりもこのことを雄弁に物語っている。破綻に直面した再建会社であるという厳しい現実直視の自覚を欠いては、ここで提言する方策すらその意味を正しく理解しえないこととなろう。

  7. Aが赤字に陥った理由を上記した点に求めず、例えば労使関係が正常でないとか、組合が強いとか、社員の動きが悪いとかなどの理由を挙げて、殊更弁解する者がある。しかし、これは冒頭に掲げた史記の名言「敗軍の将兵を談ぜず」を掲げるまでもなく、弁解に値しないものである。

  8. 労働組合の幹部となっている諸君も、Aがあるとき将来を見込んで採用した人物である。ここにAの責任がはじまっている。自ら採用し期待した社員に経営陣がいいように振りまわされてきたということは、どう抗弁しようと人格、識見、手腕、力量において組合幹部諸君らの方に軍配が上がっていたということである。組合幹部にリードされる経営陣は、世間から笑われても、尊敬や同情はされないことを知るべきである。
    新社長は組合委員長に勝る人格、識見、手腕、力量をもってよく社員を説得し、社員の信頼を獲得しなければならない。企業を維持し、職場を確保し、毎月賃金を支払う責任を負っている経営者においてこれができないということは、己れの力量を恥じいるべき事柄ではあっても、組合に責任をなすりつけ、転嫁しうる事柄ではない。
    同様に、一般社員の無能さや働きの悪さをあげつらうことも、役員としては天に唾することになることを知るべきである。

  9. 経営陣が、Aがここにまで至った原因を心静かに、謙虚に反省し、翻然として自らの非を悟られるならば、A建直しへの執念、利益追求への挑戦の火はそこにおいて自ずと燃え上り、その火は同憂の社員諸氏の胸にも伝わって燃えさかることになるであろう。「徳は孤ならず」、必ず志を同じくする社員が立上ってきてくれることを信じて疑わない。

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_5360.JPG

2015年3月28日(土)8:01
東京都目黒区中目黒公園にて桜を撮影
花言葉「こころの美しさ、精神の美」 

 

 

 

(8)相性

 

依頼者、相手方の弁護士、さらには裁判官との間で弁護士が求められる資質としては、これまで述べたようにたくさんのことがあるが、結局、一番大切なのは実は相性である。要するに、「馬が合う」ということだ。「馬が合う」とは、理知的な面だけではなく匂いや香りなど本能的な面でもある。「馬が合う」「一目惚れ」という関係性とは反対に、「癪に障る」「苛立つ」という関係性もある。「反りが合わない」ということだが、刀の反りが鞘に合わないという由来から、気心が合わないという意味でもある。どちらも、論理で説明できるものではなく、感情に支配されるものであるため、「馬が合う」ことは困難であるようにも思われる。

しかし、相性が合わない時でもそれを克服する方法がある。それは、包容力を発揮することである。さらにいえば、包容力が狭いほど、相手との相性も合わせづらくなるのではないだろうか。相手にどの程度の包容力を発揮すべきかについては、小生は相手の性格を見て判断することにしている。例えば、短気な人と接するときには、格別に包容力をもって接することを心がけている。そうでなければ、相手の態度を和ませることはできないであろう。

また、相性は、個人のもつ性質だけでなくその時の状況にも左右されることを心しておかなければならない。そのためにも、包容力が広いほど有利になる。つまりは、人格、識見、手腕、力量を磨くことは勿論のこと、どのような状況であっても対応できる幅を広げるためにも多芸・多趣味であり、それらを通して色々な人や世代と交流することが求められるのである

 

(9)その他

 

企業の女性に評価されない弁護士は、よい弁護士とはいえない。たとえば、企業の受付の女性に威張り散らしている弁護士などは論外であるが、もっと積極的な意味で、一般の商品開発やサービスにおいて女性の感性にマッチすることがヒットの条件とされるのと同様に、リーガルサービスも女性の感性に好まれる弁護士のほうが、経験則上、多くのお客様を獲得していると思う。女性は爽やかさ、楽しさを好み、それと同時に経済観念も発達していることが多い。こうした厳しい消費者の眼から選ばれた弁護士は、結果として優秀な弁護士であるのだろう。

また、直接、担当者以外の人に評価されない弁護士もよい弁護士とはいえないだろう。それはなぜだろうか。答えは、そういう場合、担当者にはおもねったりしながら、直接担当者でない人には横柄な態度になる人が多いからだ。

しかし、人の評価というものは、往々にして自分の知らないところでなされることが多い。例えば世間話のような場でもなされる。したがって、自分の評価を上げたいと思ったら、全ての人に感じよく接することが必要なのである

 

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_5242.JPG

2015年3月15日(日)7:25 東京都渋谷区代々木公園にて
サンシュの花を撮影
花言葉:「持続」「耐久」 

 

※ 3月6日(金)より、数回に分けて、私が過去に顧問弁護士を務めたある会社の経営危機打開のため、私が社長宛てに提出した再建建白書「A社自力再建の指針に関する助言」を、掲載しています。3月6日(金)付記事からお読み下さい。

 

(2) 役員は団結すべし

 

① スポーツ、宗教、軍隊……いかなる組織であれ、その存亡の危機に直面するや、リーダーは異口同音に、そして大抵は無意識に「打って一丸となってこの難局を乗り切ろう」と呼びかける。いわばこのことばは組織体の生命、根源にかかることを表現しているのである。

営利を目的として組織される企業においてもこのことは全く同じである。

「この難局」とは、企業が破綻に瀕しているということであり、「乗り切ろう」とは、企業に健全さ(黒字体質)をとりもどそうということを指す。その手法はといえば、「打って一丸となる」となることにある。

 

② 斯かる点からして、企業の人格体をなす役員たる者は企業の発展を期してよく討論し、よく議論しなければならない。平時であっても、並び大名よろしく何ら建設的な意見を表明しえない者はおよそ役員たるに値しない。まして再建という難業に直面している企業の役員においてをや、である。私心に基盤を置く意見を述べる者もまた役員たるに値しない。斯かる点においてトップは各役員に意見を開陳させる度量と衆愚に陥らぬ指導性をもたなければならない。

また、役員は、議して決したところに従わなければならず、決したところを時機を逸することなく断行しなければならない。

我見にとらわれる者、面従腹背の者はいずれの部位においても有害無益とされようが、最高意思決定をはかる立場にある役員のポストにおいては殊のほか排除されなければならない。

 

③ 社長たる者はよく聞き、よく決し、それを自らが、又部下を駆使して果敢に実行に移さなければならない。社長に決断力、洞察力、統率力が求められ、信賞必罰の姿勢が殊に当たって顕示されなければならない所以は、一に企業の盛衰がここに懸っているからにほかならない。

 

④ 全社員打って一丸となるためには、まず以て社長のもとに役員がよく連帯し、決定事項を時宜を得て効果的に実践することが求められるのである。

役員間に軋轢や抗争があるようでは全社員の心を一つにすることなど夢の又夢と知るべきである。

 

 

続く

 

 

この記事にコメントをする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2015年4月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成