2014年9月アーカイブ

 

IMG_4435.JPG

2014年9月13日(土)7:00
東京都神宮外苑付近にて彼岸花(白)を撮影
花言葉:「想うはあなたひとり」

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

重心七軸調整法のまとめ(1)「ハード面的調整法」と「ソフト面的調整法」

 

限られた紙面の中で重心七軸調整法の全てを記述することは不可能なことであるが、概略だけでも理解していただければ幸いである。

この治療体系の特徴をまとめとして簡単に説明すると、『ハード面的調整法』と『ソフト面的調整法』から構成されていることである。

基本的に『生命エネルギー』という流れが『脳という発電所』から、『脊髄という送電線』をはじめ自律神経系を介して全身を運営するシステムの中で、『Oリングテスト』という脳の反射機能を利用して診断していくのである。

 

(調整手順)


(1)ハード面的対応としてまず初めに、身体の構築的重心のアンバランスを正す。
これによって土台(基礎)を整えることが先決であり、基本である。


(2)次にソフト面対応として、身体各所の血流、筋肉及び軟部組織をはじめ眼、鼻、耳、咽喉、臓腑等全身のエネルギー伝達の正常又は低下、炎症や冷え等の有無を検出する。
エネルギーの低下部位は、その人の症状と基本的に一致しており、リセット(回復)する必要がある。

(a)エネルギーのリセット部位は重心七軸の中に存在しており、これを運営本部である『脳』からその情報(どこを、どうすれば活動エネルギーのスイッチがはいるか)を導きだし、軽微な刺激でその部位を瞬間的に調整する。

(b)リセットされた部位は、必要な活動エネルギーを得て、正常に戻ろうと回復し始めるのである。

(c)単純な異常(症状)はその場で消失、又は軽減していくのが、『重心七軸調整法』の特徴でもある。この様に瞬時に改善されるような場合、患者さんは一様にマジックをみている様だと表現する。然し乍ら、こじらせて複雑な症状や重症者は、回復する日数や施術回数も多くなるのは当然の理である。

 

※ 『重心七軸調整法は究極の自然療法』と言えるが、西洋医学を否定するものではない。身体の物資的限界を超えた場合、或は自然治癒の及ばない病気等に於いては無力に等しい。したがって病態により適応、不適応があるのは当然であるが、あくまでも生命エネルギーの伝達を正常に流すという基本中の基本を説く調整法なのである。

長生堂 院長 齊藤治道

 

 

次回は、重心七軸調整法のまとめ(2)として、先生が治療に当たられた症例についてお話いただきます。

 

 

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_4377.JPG

2014年8月31日(日)7時16分 東京都目黒区中目黒公園にて
マリーゴールドを撮影
花言葉 「悲しみ」「嫉妬」 

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

11-1 血圧の常識とウソ

日本高血圧学会のガイドラインJSH2000によると健康成人の場合120/80mmHg未満と低値に設定されている。140/90mmHg以上からは高血圧患者として扱われるのであるが、人にはそれぞれ個人差があり年齢とともに少しずつ高くなるのが当たり前で、30年程前は年齢に90を足した数が適正であると言われていた。血圧が下がりすぎてフラフラしたり気力がでないと訴える方に、服用している薬でOリングテストをすると適合していない事が判明する。

 

私はそのような方には、担当医に相談するようアドバイスしている。私達の周りを見渡してみて下さい。低血圧症の人は顔色も悪く、元気のない人が多い筈である。高血圧学会の今の基準では、下げる必要のない人まで病人にされてしまいます。血圧は(1)血液の量(2)血管の太さ(3)心臓の収縮力の3要素できまります。血液の量が増え、血管が細くなり、心臓が強く収縮すると血圧は高くなります。逆に、血液が減り、血管が広がり、心臓の収縮力が弱まると血圧は低下する。全力疾走や頭を使う時などストレスに際して、私達の身体は目的を達成するために限りある血液を実に巧妙に全身に配分します。皮膚や腸などへの血液量は少なくし、その分脳細胞や筋肉にまわします。そして酸素を多く取り入れる為に、気管支を広げてグリコーゲンをブドウ糖に変え、心臓の拍動を増やし、力を強めて血圧を上げます。

 

高齢になれば皮膚も老化してくるように、血管も老化して硬くなってくるので、血圧を上げて各臓器に栄養や酸素を届けているのです。必要性があって血圧を上げているので高いという現象だけを叩くのではなく、降圧剤に頼る前に血圧上昇の原因を取り除くべきなのである。

健康に対する薬の『リスク』を高くしない為にも、簡単に余計なクスリは処方しない方が良いし、服用しない方が良いのである。薬をやめたら体調が良くなったという笑えない話もあるのである。昨今薬の無駄使いが多すぎる様に思えてならない。

 

11-2 くすりに注意

慶應義塾大学医学部近藤誠先生の、『医者に殺されない47の心得』より抜粋。高血圧患者が44万人高コレステロール血症(高脂血症)34万人…日本には大変な数の『病人』がいることになっています。高血圧や高コレステロール血症の基準値と呼ばれるものがあります。『これ以上になったら病気』と診断する数値です。

 

病気ごとの専門学会がこの基準値をつくっていますが、談合体質で、根拠なく数値が決められています。特に高血圧の基準値の『操作』は目に余ります。1998年の厚生省全国調査の基準値は160/95以上でした。ところが2000年に、はっきりした理由もなく140/90に引き下げられました。98年の基準値を当てはめると、高血圧の日本人は1600万人、それが新基準では、3700万人もが高血圧になってしまいました。更に2008年に始まったメタボ健診では、19から64歳までで糖尿病や腎臓病を合併している場合、ついに血圧130/80以上が治療目標になりました。

 

高血圧の原因は、9割以上不明です。また、日本人の血圧を下げることによって死亡率が下がる、心臓病や脳卒中が減ると実証されたデータは見当たりません。大人になると動脈も老化して硬くなり、血液を先に送る力が衰えます。そこで、『体は歳を取るほど血圧を上げようとします。脳や手足のすみずみまで血液を送り続ける為。それを薬で下げたら、ボケたりふらついたりしてしまいます』。フィンランドで75歳から85歳までの『降圧剤を飲まない』521人の男女の経過をみた調査では、80歳以上のグループでは、最高血圧が180以上の人たちの生存率が最も高く、最高血圧140を切った人達の生存率はガクンと下がっています。なのに日本では、最高血圧130で病気にされ、薬で下げさせられているのです。

 

11-3 基準値を下げると儲かるのは誰?

その結果、製薬業界はホクホクです。1989年の国内の降圧剤の売り上げは、およそ2千億円だったのが2008年には1兆円を超えています。『基準値をササッといじって、薬の売り上げは6倍』。血圧商法、大成功です。

また、基準作成委員の多くが、製薬会社から巨額の寄付金を受けとっているのも問題です。例えば2005年に作成された、高血圧の基準も含む日本版メタボ診断基準の作成委員会のメンバー。そのうち国立大の医師11人全員に、2002年~2004年の3年間に、降圧剤などの製薬会社から合計14億円もの寄付金が渡っています。

 

いまだ悪者扱いのコレステロールも実は『長寿の元』です。1980年代に福井市の約3万7千人を5年間追跡調査したら、男女とも『コレステロールの値の最も低いグループの総死亡率が一番高く』、男性は血中コレステロール値が高い程、死亡率が低いという結果がはっきり出ています。

しかし治療の基準値は変わりません。コレステロール低下薬も、億単位、兆単位のお金を生み出す『打ち出の大槌』なのです。検査の数値を見ないで、体の力を信じて下さい。

 

長生堂 院長 齊藤治道

 

次回は、重心七軸調整法のまとめ(1)として、『ハード面的調整法』と『ソフト面的調整法』等についてお話いただきます。

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_4392.JPG

2014年8月31日(日)7:22
東京都目黒区中目黒公園にて白いナスの花を撮影
花言葉:「よい語らい」

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

 

◎ 医者を選ぶのも自己責任

 

人の体は、高い知能を持った超精密機械の如く全身の組織を運営(管理、調整)している。例えば、風邪の症状を正しく観察すると、発熱現象というものを一つとってみてもウイルス撃退作用の一環で、これはナチュラルキラー(NK)細胞のパワーアップを図る為に、免疫系の防衛システムがしっかり働いている証拠なのである。

 

これをわざわざ解熱剤を使って熱を下げることは、元々身体に備わった回復システムにブレーキをかけることにつながり、実にもったいのない話である。熱を悪者扱いする考え方は改めなければならない。『風邪は万病の元』と言われているが、薬で熱を人工的に下げ、無理をして仕事をする人がこの国には実に多い。身体を温めて、消化の良いものを食べて寝ていると、三日もあれば治るように身体は出来ている。医者にかかると、解熱剤をはじめ抗生物質やらなにやら4種類は簡単に投与される。

 

アメリカの感染症学会では、風邪に抗生物質は無意味であると結論づけているが、日本ではまだまだそれを出す医者が多い。患者は無知なので医者の言うことに素直に従う。そして自分のからだに備わった防御システム(先天的知能の働き)を自ら妨害している。今日本の医者でこのような風邪の患者に、『身体を温め消化の良いものを食べて寝ていれば、三日もあれば良くなりますからクスリは出しません。』なんていう医者は皆無に等しいのではなかろうか?

 

かと思えば当方に頸椎ヘルニアの治療で来院の65歳男性であるが、主訴の頸椎ヘルニアは良くなり、その予防の為に月1回くらいの割合で来院している方がいる。高血圧の為に降圧剤2種、利尿剤、コレステロール剤、他2種計6種のクスリを5年以上服用している。2年前からウォーキングのサークルに入って雨の日以外は、ほぼ毎日1万歩あるいているという。ここ1年血圧が下がりすぎて特に上が80mmHgになることもあり立ちくらみは常に起きる。血圧の先生に診てもらう時は精神的緊張も加わり、120~130mmHgでいい数値を示す為、自分で毎日計っている数値を見せても取り合ってくれないと言う。『ここで測る限り適正であり、また血圧が上がると大変だから服用していなさい』と毎回言われて帰ってくるという。その患者さんもそう言われると不安になり服用し続けているのである。風呂に入る時も100以下の時は、後で80mmHgぐらい迄下がりフラフラして倒れそうになる為、冬でもシャワーにしているという。血圧が下がりすぎているのでセカンドオピニオンを勧めるのであるが、そのドクターに義理があるらしく、医者を変えようとはしない。何とも不思議な義理堅い方もいるものである。クスリは逆から読むと『リスク』となる。

脳細胞は1日2、000L(ドラム缶10本分)もの血液を必要としている為、そのまま降圧剤を続けていると、認知症のリスクも高まるのである。血圧は少し高めでも神経質になる必要はないと主張する研究者もいる。私もこの意見に同感である。

 

150mmHgぐらいあっても心配せず、ストレスと塩分に気を付けて肥満にならないよう適度に運動することである。教科書通り上が140mmHg、下が90mmHg以上はクスリで下げなければならないと言う考え方はナンセンスな話である。

長生堂 院長 齊藤治道

 

次回は、血圧についてお話いただきます。

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_4371.JPG

2014年8月24日(日)午前7:11
東京都千代田区永田町付近にて海紅豆(かいこうず)を撮影
花言葉  夢、童心

 

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

9-1 姿勢と重心軸(重心線)

人間の生活形態を単純に分類すると『立つ』『歩く』『座る』『寝る』の四つである。これを更にまとめると『立位』『座位』『臥位』の三形態となる。

『臥位』に関しては、寝ている姿勢である為、身体に加わる重力は水平に分散されるので身体エネルギーの消費量は最小となる。横になって寝るということは、体を休める為に最も安楽な姿勢で、腰痛や背骨の痛み等が有る場合は、症状緩和の姿勢となる。

人は一日のうち通常16時間は活動している時間帯である。立って歩いて移動し、座して或は立ったままで仕事や家事に従事しているのである。この三形態の中で最も重要なのは活動時の姿勢である。『立位』『座位』における重心線は身体に対して常に垂直に働いている。

 

9-2 良い姿勢を心がけることの重要性

立っている時、或は座っている時の姿を、日本人の美意識からくる理想的姿勢という観点も含め、ここに共通していることは、背筋は無理なく、綺麗に伸びているということである。この時、肩や胸に力が入っていては正しい姿勢とは言えない。今ここで良い姿勢を実感する為の簡単なやり方をお教えするので是非ともやって見て頂きたい。

※椅子に浅く座り、目を軽く閉じて内部に意識を向けることが大切である。

 

1、だれかに頭頂部中央(百会穴)の髪の毛をひとつまみして真上に軽く吊り上げてもらう。(髪の毛のない人、又は自分でやる時は、この部にどちらかの中指を当てて、そこが上から吊り上げられている様にイメージするとよい)

 

2、背筋を軽く伸ばすように意識しながら『頭の吊り上げられた部位』と『肛門の部位』が一本の真っ直ぐな軸でつながったイメージを作る事によって、良い姿勢の基となる身体の中心軸がイメージ出来ていきます。

 

3、更に目は軽く閉じたままで、自分の内部に意識をむけたまま、鼻、又は口から『細く長く』息を全部呼き出します。次に鼻から息を吸い込みます。これを数分繰り返すだけで良い(細く長く腹から吐き出す事が大切)。

良い姿勢を身に付けると、身体の何処にも無駄な力が入らず、横隔膜が緩んで胸も開き易くなる為、とても深く長い呼吸が出来る様になります。そうすると精神的に安定感が生まれ、心の波も静まっていきます。そして更にこれが深まると集中力がアップし、内なる自分(真我)に近づくことも出来るのです。

 

9-3 姿勢と呼吸

良い呼吸は取りも直さず理想の呼吸に繋がっていきます。

深い呼吸は精神的にも非常に重要で、心の安定に直結する為、座禅をはじめ武道、ヨガ、導引法、茶道等の修養の世界では常に姿勢と呼吸は表裏一体となっているのです。正しい呼吸法によって脳波をα波に変えることも可能であることが、科学的実験によって証明されています(息の乱れは心の乱れに通じる)。

昔の親や学校の先生は、姿勢について口うるさい程注意していたが、今はどうでしょう。子供達は背中を丸めた悪い姿勢でゲームばかり。大人もしかり、電車の中を見渡すと80%くらいの人が携帯電話に夢中です。大人のゲーム中毒者もかなりいるそうですが、姿勢は心の構え(精神)を表すことに気がつかなければいけません。

現代の日本には、この姿勢の教育が足りない様に思われてなりません。

体内の細胞は、新鮮な酸素を必要としている。人体の中で最大の酸素消費者は『脳』である。145億個といわれる脳細胞が正常に活動する為には、多量の酸素が必要なのである。脳という器官は人体の『発電所』であり、『全身を運営する総司令部』でもある。常時酸素を補給する為に脳を循環する血液量は、一日2、000ℓといわれ、ドラム缶10本分に相当する。

脳の重さは約1.4㎏で体重の2%ほどであるが、酸素消費量は全体の25%に達している。従って良い姿勢は、即ち良い意識と健康な身体の基本なのである。

 

長生堂 院長 齊藤治道

 

次回は、「医者を選ぶのも自己責任」をテーマにお話いただきます。

 

 

 

この記事にコメントをする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2014年9月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成