2014年6月アーカイブ

 

IMG_4139.JPG

2014年6月15日(日)東京都文京区白山4丁目にてキンシバイを撮影
花言葉:「秘密」「きらめき」

 

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

4-1 身体運動系(筋肉、骨格系)の歪みと生命エネルギーの伝達妨害

 

私は治療を受けにくる方々から様々な症状の相談を受ける。私の問診表(カルテ)は、内科的状況をはじめ、全身の事柄について記入できるように作成してある。何故かというと、身体は本来統合された存在で科別に分けられたシステムで機能していないからである。

 

本題の生命エネルギーの伝達妨害と、不調症状の関係であるが、身体は脳からの神経(生命)エネルギーが全身へ円滑にくまなく伝達されていて、かつ必要な栄養を摂取し、適切な運動と休養のバランスがうまくとれていれば健康は維持できるのである。しかし重力上「背骨を中心とする体軸や、身体七ヶ所にある重心軸」が狂っていると、脊髄を収めている大黒柱である脊椎が歪み易くなり、脳からのエネルギーが正常な量で伝達されなくなるため、機能低下を起こし結果的に症状を発するのである。

 

従ってこの症状の本来の意味は、運営本部である先天的知能から身体に軌道修正を促す信号なのである。

 

この運動系の歪みは、初めは機能的疾患として現れているが、放っておくと徐々に進みついには器質的疾患に及んでしまうのである。

 

<症例>

一人の患者の多岐にわたる症状(顎が痛い、目の奥の痛み、生理痛がひどい、立ちくらみ、脳貧血、低体温で35℃しかない、低血圧で85から上がらない、朝起きれない、顔色が悪く食欲がない、腰痛、肩こりがひどい、便秘、下痢、冷え性、等々)が一度の施術を受けた後、約1ヶ月で全快。体温は36,3℃、血圧は100まで上がり、人生が一変してしまうような事実がここにある。

 

2007年東北大学歯学部に招かれ「顎と全身、重心重力の関係」についてのお話しと調整の実技をお見せした。その際、前述の患者さんに許可を頂き、大学の先生方にその方のカルテを公開したところ、「血圧や体温の回復など医学にみてこんなことは奇跡です」と、信じられない表情であった。当方の論理的説明にもかかわらず医学者は頭が固いもので、枝葉末節的ミクロの研究に於いてはすばらしい成果を挙げているようではあるが、もっと柔軟性のあるダイナミックな発想の転換が必要と思われてならない。

 

 

4-2 自然治癒能力の補足

生き物は自らを治す力を持っている。簡単な切り傷や軽度の火傷或いは風邪等は、無理せず養生すれば勝手に治ってしまうことは我々は知っている。ところがある程度以上ひどい怪我や病気は、人工的な治療を施さないといけないことは医学的常識でありここで説明するまでもない。現代医学から生命エネルギーや自然治癒力が妨害されるという概念はあまり見当たらない。

 

細分化されたミクロの研究も重要であることは理解できるのであるが、大地に立つマクロの基礎的構造の正体、歪体をしっかり研究し、完全設計された人体に、本来備わっている先天的知能から発する自然治癒(良能)作用を、十全に発揮させるための方法を基礎にするならば、かなりの疾病は自ら治癒に導かれ、予防も可能となるのである。従って身体の歪みを正さずに部分的治療に終始することは、底の抜けた器で水を汲むのに等しい。

 

私の施術のための診断法と調整法の目的は、各人に内在する叡智である「先天的知能」と、その発動の結果現れる「自然治癒能力」の存在の証明と、その啓発である。従って施術行為は、症状という結果にのみとらわれた対症療法ではない。

 

施術から次の施術までは必ず10日から2週間ほど間隔を置くのが常である。その意味は神経(生命)エネルギーの伝達妨害を正したならば、身体は自然治癒作用によって可能な限りよい状態に適応しようと動き始めるのである。そのエネルギー伝達がしっかり展開されている限り、余分な人為的施術は加えない方が良いからである。

 

(長生堂 院長 齊藤治道)

 

次回は、先天的知能(生まれながらに内在する叡智)の役割等についてお話いただきます。

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_4092.JPG

2014年6月1日((日)7:20
東京都千代田区平河町にてタチアオイ(立葵)を撮影
花言葉:「気高く威厳に満ちた美」

 

 

今回も、5月30日付記事より連載しております、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴

1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。
長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

3-1  宇宙の叡智と先天的知能の存在

 

重心七軸調整法を正しく知って頂くためには、まずその根底にある自然観や生命観を理解して頂く必要があります。

「何故生きていけるのか」「何がこの健康を維持しているのか」健康な時にこんなことを考える人はまずいないと思いますが、こうした生命の不思議を考えなければなりません。

 

私たちはこの地球に生まれ、その自然法則の中で生きていくための基本的条件を無償で与えられている。つまり地球という大きな生命の中で生かされているというわけである。

森羅万象、すべては人知では計り知れない宇宙の叡智の結果として具現化されているのだということは、誰にも否定しえない事実である。

 

「重心七軸調整法」では、この自然界を統合する普遍的な力を「宇宙の叡智」と呼び、この普遍の叡智に対応してすべての生物には「先天的知能」が備わっているという根本的論理を基に人体をみていくのである。

身体の生命現象は、先天的知能の上に成り立っており、決して後天的(教育された)知識によって、この複雑なる機能が営まれている訳ではありません。

 

人体は小宇宙である。約60兆個という天文学的数の細胞から構成され、これを140億個の脳細胞がつかさどっている。数えきれないほどの情報を整理し、全身へとフィードバックする力も、そのほとんどが脳に存在している。

教育を受けていない幼児や、動物にも身体を正常に保つ能力があることは誰にでも理解できるであろう。潜在的な無意識の力が消化、吸収、排泄、呼吸、循環、血圧、生殖、体温、内外の傷の修復、防衛等々、瞬時にそして刻々と一番いい状態に間違いなく調節しているのである。

 

3-2 すべての生物に備わっている内在する叡智「先天的知能」

「先天的知能」とは、我々の体内に生まれながらに備わっている普遍の能力(叡智)である。それは内なる自然、内なる生命力、内なる健康、内なる気力である。

あらゆる生き物の生命活動の原動力で食べる、歩く、息をする、眠る、考える、生まれる、成長する、怪我を治す、感染症から身を守る、環境に適応する、発見、発明する。その他すべての生命活動は「脳という発電所」と「神経という電線」のような役割を持つ神経エネルギーシステムによって営まれている。

この内なる自然の叡智は、生まれながらに我々の体内に存在し、病気からの回復や健康を維持する奇跡と思うほどの能力も、つまりはこの「内なる叡智」の成せる「妙であり、技」なのである。

 

卵子と精子がミクロの世界でめぐり合い、生命が誕生する現象も、どのような「力やシステム」がそれをやり遂げてくれるのか?驚くほど完璧なシステムが体内で活動しているのである。我々人間は、当たり前すぎてこれに気づきません。実は内なる自然(叡智)である先天的知能は、ひと時も休まず体内を運営しています。私たち人間の教育された知識や能力を、はるかに超えた大いなる知能でこの生命現象をやり遂げています。その力が人生を創造的なものに満ち溢れさせてくれているのである。

 

私たちの体の外にも、皮膚を隔てて同じような大自然の叡智の働きがある。

この大自然界の大いなる生命力の営みのおかげで、体内の内なる自然である生命の歯車の仕組みがその限界を向かえるまで休まず働き続けるのである。

 

<症例>

80歳老婦人、突然偏頭痛と嘔吐のため、即日入院。

大きな病院なのですべての検査をするも、原因不明。水を飲んでも吐くため、鎮痛剤と栄養補給の点滴の毎日であった。39日経ても一向に改善されず、本人はこのまま病院で死ぬものと思っていた。40日目に外出許可にて当方に来院。

西洋医学的には原因不明であるが、やはり神経エネルギーの伝達妨害が後頭骨と第一頚椎及び大後頭神経に存在。他に重心軸を主る手首や足首にも支持力低下がOTにより判明したので調整したところ、その日の夕食で初めて重湯が飲めた。そしてめでたく5日後に退院された。

 

(長生堂 院長 齊藤治道)

 

次回は、身体運動系(筋肉、骨格系)の歪みと生命エネルギーの伝達妨害等についてお話いただきます。

 

 

この記事にコメントをする

 

IMG_4069.JPG

2014年5月17日(土)6:51 東京都目黒区東山1丁目にて箱根(源平)ウツギを撮影
花言葉「移り気」 

 

 

 

健康という「宝」

 

人類は大昔から「不老長寿」に憧れてきた。秦の始皇帝は、不老長寿を願って医の知識を有している人を国中から集めて研究にあたらせたそうである。しかし、「寿命」には勝てなかった。人間の寿命だけではない。どんなに美しい花とて、やがては枯れ、土にかえる。生と死は、大自然に組み込まれた聖なる法則、宇宙の摂理であるからして、それから逃れることはできないが、それでも人間は、生への執着をして、健康で長生きすることを願ってやまない。それだけに、健康を害する兆しや異変が生じると、他の事に手がつかなく…いや、他のことは“どうでもいい”ように思えてくる。どんな一大事なこととて、健康以上に大事なことは存在しないからである。

普段は好き勝手な、健康に悪い生活をおくってきた人ほど、健康に異変が生じてはじめて、健康がいかに大切であるかということに気付くようだ。

 

「病」に関する諺や故事は多くある。「医者の不養生」、患者に健康上の注意を説く医者も自分の健康には注意しない。健康の理屈を誰よりも知っている医の専門家ですら、自分の健康には実行が伴わないのだから、普通の人はなおさらであろう。そのほかにも「薬人を殺さず医師人を殺す」、これは、薬が人を殺すのではなく、その薬の使い方を間違った医師が人を殺すという意味。「薬より養生」、薬を飲むことで健康を保つより、日ごろの養生のほうが健康には効果があるとの意味。同じ意味で「一に看病二に薬」という言葉もある。「薬も過ぎれば毒となる」、薬にも適量があって、飲み過ぎればかえって健康を損ねる。こうした言葉は、健康を追い求めてきた先人たちの知恵から生れた言葉だが、どれもが大切な教訓である。

 

健康といえば、一年前までは、常に大声で怒鳴っていた高井先生が、最近ではあまり怒鳴らなくなった。怒鳴るのは健康の証しでもあるからして、元気な声で放たれる「高井節」が聞かれないのは少しさみしい気がしなくもない。無理もない。高井先生も今年で77歳、後3年で80歳、法曹界で半世紀にわたって活躍してきた実績と存在感は、それなりの足跡として刻まれており、その影響力は今なお健在でもあるのだが、天はここにきて、喜寿を迎えられた先生に、『その間、本当に御苦労さまでした。アベノミクスに腹をたて、ミャンマーや中国にまで出かけて忙しく業務をこなしているのを少しセーブして、そろそろ隠居の準備でもされてはどうですか。後は、好きな趣味に戯れつつ、人生を楽しんでください』と告げるかのように、先生の元気度を少し調整しているのかもしれない。

孔子の論語に、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳従い、七十にして心の欲する所に従う」とあるが、八十歳からはない。ということは、八十歳になったら仕事も人間関係も、すべての執着から解放されて、自然に帰すように、仏のように生きることを志せ、ということではないだろうか。

 

高井先生に限らず、人間、体調が悪いと何事においても意欲が減退する。それこそ、健康は富以上に尊きもの、宝といっても過言ではない。世界一の富豪でも健康に支障をきたしたら、財産なんてどうでもいいように思えてしまう。

思えば、百年足らずの人間の寿命など、宇宙の時空に比ぶれば“瞬きするほどの一瞬”でしかない。して、その瞬きするほどの一瞬を我欲で充たそうと一生懸命に励んでいるのが愚かな人間である。でも、人生は上手く出来ていて、そのへんは天がちゃんとバランスをとって調整しているような気がする。すなわち、我欲に寿命をすり減らしている人ほど、健康に支障をきたすようにできている、とも思える。

 

十数年前にイタリアで発行された雑誌に「健康への秘訣」という言葉があった。それによると、「陽気(笑いと楽観的思考・ポジティブな考え)」「与えよ(モノや金を与えることだけではなく、布施の心、笑顔を与え、安らぎを与え、癒すことばを与える。モノに執着する気持を捨てる)」「腹八分目(過飲過食は早死のもと)」「感謝すること(自分を下げて全てに感謝し、謙虚に生きること)」「怒りは毒(赦し、受け入れる)」、「愛ある生活(他人が喜ぶことを糧にする)」、だそうである。これらの言葉には、聖書に記されている「与えよ さらば与えられん」のように、カトリック文化的な思考が感じられるが、「執着するな」という言葉は「無常」に繋がる仏教的な言葉でもある。要するに、長生きの秘訣はイタリアもアジアも世界共通であり、どれもが「人生の生き方」につながっている。ということは、健康や病は生き方における「結果・現象」なのかもしれない。事実、お伽噺や童話に出てくる「お爺さん・お婆さん」や「七福神」をみると、みな人が良さそうで、明るく、やさしそうに描かれており、その笑顔は、健康そのものである。

 

最後にもう一度記しておくが、健康ほど大切なものはないのだから、くれぐれも健康には注意をはらってほしい。

 

 

この記事にコメントをする

2014年5月4日(日)7時27分 東京都港区芝公園にてユーフォルビアを撮影
花言葉:幸運を祈る

 

 

前回(5月30日付記事)に引き続き、私がお世話になっている長生堂 院長 齊藤治道先生によるエッセイ「自然治癒力を生かす『重心七軸調整法』」をご紹介いたします。

 


齊藤 治道  略歴
1954年 宮城県生まれ。23歳から治療の道に入る。
長生学園で長生医学(整体療法)を学び、関東鍼灸専門学校で鍼灸治療を学ぶ。
厚生労働大臣認定(鍼師、灸師、指圧マッサージ師)の免許にて開業。これまで述べ15万人あまりの相談者を施術。
各種整体、カイロプラクティックやOリングテストをはじめ鍼灸等東洋医学の研究、研鑽の結果「重心七軸調整法」の治療体系を編み出す。


長生堂(東京オフィス、仙台オフィス)院長
健体康心の集い(自己整体法である導引法を指導)主宰
著書 「図説導引法」(非売品)
日本長生医学会会員。日本バイデジタルOリングテスト医学会会員。少林寺拳法五段。

 

 

◎大宇宙と小宇宙

 

自然界に思いを馳せ、視野を大きく広げてみると、この宇宙空間には様々な法則や真理というものが、寸分の狂いもなく、理路整然と働いていることは科学によって解明されてきている。

 

大昔の人達は夜空に無数にある星々を観て何を考えていたのであろうか?現代は科学の発達により、地球そのものも含め、遠くは太陽系から銀河系大宇宙に至るまで数値で表すことが可能になった。

 

この地球は時速約1700kmの速さで自転しながら太陽を中心に公転しているという。

{赤道周囲→4万(km)÷24(時間)=1666(km/h)}※秒速にすると500m/s

 

時速1700㎞という想像を絶するスピードで回転すれば通常遠心力でバラバラになるであろうと想像するが、地球の引力によって何の影響も受けず毎日を過ごすことができるのだそうだ。このようなあらゆる法則に身をゆだねながら地球上で生きている。

 

太陽自体も自転しながら十二個の星達(太陽系)と共に銀河系の宇宙を公転している。さらに銀河系の星座群もまた理路整然と、それぞれ自転しながら広大なる大宇宙を大公転しているという。すごい話である。

 

我々の生命の場である地球は、24時間の自転と、春夏秋冬という365日の公転が延々と続いているのである。我々は夜が明けると1日の始まりを感じる。「また同じ1日が始まる」と思う人は多いのかもしれない。しかし同じ時間、そして同じ1日は前述した宇宙の運行秩序から観ても決してあり得ない、過去に戻ることはあり得ないのである。これを分かり易くいえば、バネのコイルを縦にして螺旋状に進むことと似ている。時間は、この中を常に一定の速さで未来に向かって動き続けているのである。今、仮にこの動きを止めた状態を、我々は何時何分何秒と呼んでいるが、時間は一時も止まらないのである。

 

小宇宙である我々の生命も60兆個という細胞が常に止まることなく新陳代謝を繰り返し、それは生きている限り止まらないのである。新陳代謝という生命活動が止まるということは、生命の死を意味しているからである。

 

人は誰もが限りある時間(一生)の中で、生命の「始、中、終」という流れによって今を生きる定めになっている。だからこそ今、今が大切なのである。

 

 

◎生命の神秘=統合された人体の機能は絶妙なる 叡知の集合体

 

人体は60兆個の細胞で構成されていることは今述べたが、人体発生の大元はたった1個の受精卵から始まっている。子宮に着床した受精卵は10か月の月日の中でDNAに忠実に人体を作り上げていく。

 

以前NHKの番組で、受精の瞬間をとらえた場面が放映された。

受精の瞬間、何かを得たように「受精卵が放射線上に光を放つ」のである。

カメラの進歩もさることながら、その時の感動が今も私の心に生々しく記憶されている。まさに生命の神秘の始まりである。

 

母体の生命と胎児の生命の2人3脚で成長していく胎児は10か月後オギャーと産声をあげ息を呼く。(呼吸の始まりは字の如く先に呼くことから始まり、死ぬ時は息を引き取るといい、吸ってこの世を去るのである)その時、今まで母体から受けていた生命の流れである臍帯循環は止まり、自力(肺)循環に切り替わるのであるが、それに伴う循環系の変化はとても劇的である。この瞬間が生命の1人立ちの第一歩といってもいいであろう。このような人体生理の仕組みを知ると驚き以外の何物でもない。科学がいくら進歩しても、生命の仕組みは作れない。

 

太古の時代からこのような生命の絶妙な働きが繰り返されてきたのである。まさに生命は完全なる叡知(小宇宙)の集合体である。

 

 

次回は、重心七軸調整法を正しく知って頂くために、まずその根底にある自然観や生命観について、「宇宙の叡智と先天的知能」をテーマにお話いただきます。

 

 

この記事にコメントをする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2014年6月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成