「医」(1)

| コメント(2)

 

IMGP0538.JPG 

 

(2011年11月28日(月)朝6:53 東京都港区芝公園にてカラーを撮影
花言葉『素敵な美しさ』)

 

【「医」の字源】

 

今回から3回にわたって、「医」という漢字の字源、主に「医」の古い字体にあった「巫」について、医学・医療が神の力と関連があることに大変興味をもち、私なりに思い・感じ・考えたことを述べていきたいと思います。

 

「医」の古い字体は「醫」と書くそうです。右上にある「殳」は矛(ほこ)を意味し、これは、古代中国においては、外科術は矛、槍のようなものを使って行われていたことに由来するそうです。下の部分にある「酉」は、瓶のような形をしていることから、薬を入れる瓶や酒つぼを意味していて、昔は、医術にお酒の力も加えられていたということを意味しています。

 

また、現在使われている左上の「医」という字は、「医」は「匚」と「矢」が組み合わさってできたものだそうです。『説文解字』(最古の部首別漢字字典で、後漢時代紀元100年に成立。)によると「『医』は弓弩(きゅうど。弓の総称。)の矢を盛る器なり」とあります。また、「匚」は「隠す」という意味があり、つまり「医」とは「矢をしまいこむ箱」という意味だそうです。古来より、「矢」には厄や悪霊を祓う神聖な力があるとされ、現代でも、正月に寺院・神社で、魔よけ、厄払いのお守りとして授与される矢(「破魔矢(はまや)」と呼ばれます)などが名残としてあります。「神聖」とは清らかで尊いことを意味し、悪(邪悪)、または俗(世俗)の対義語です。このように、「矢」には厄や悪霊を祓う、世俗から離れた世界による力があるとされてきました。

 

さて、「学研漢和大辞典(藤堂明保編、学習研究社)」よると、「醫」の異体字として上記の字があります。よく見てみると、「巫」(ふ)という字が入っています。「医者はもと、巫女と同じ仕事だったので、『醫』は巫を加えて『毉』とも書く。」(同)ということだそうです。そして、「毉」の「殹」の部分は「えい」と読み、これは巫女が「エイ!」と叫んで、邪気を吹き飛ばすという祈祷をしていたということを意味しているのだそうです。

 

「巫」(シャーマン、シャーマニズム)とは、超自然的存在と交信する人、それにより成立する宗教を指します。「巫」の漢字には、二人の「人」が表示されていますが、それは「複数の人が工を施す」ことから生まれたのでしょう。すなわち、複数の人が、身振り手振りをもって、全身全霊で祈り、神に信じられないぐらいの高度な技(工)を発揮させてほしいという願いが込められているのでしょう。「医」の古い字体に「巫」という字が入っているということは、もともと医学・医療は、神の「神癒(しんゆ)」によるものであると考えられていたということではないでしょうか。また、「医」に「巫」の概念があったことは、漢字が発祥した中国だけでなく、古代バビロニア、いわゆるメソポタニア(現在のイラク南部)を占める地域でも同じような現象がありました。つまり、何も中国だけでなく、世界各国でみられた現象だということです。これを「巫の医学」と呼ぶそうです。

 

このように、「医」という字を成り立ちからひも解いてみると、人間が病にかかったとき、医学、そして医療という行為による効果や、病が治癒するということは、人の手によってだけではなく、目に見えないものの何らかの力によるものであると考えられていたことがわかります。わたしたち人間の意識をはるかに超越したサムシンググレート、神の力を借りることによって、初めて完成するものであるという考え方であると思います。

 

私たちの生きるこの世界は、途方もないほどに神秘につつまれていると思います。現在においても、科学の進歩は目覚ましいとはいえ、私たち人間がこの世界について知っていることは非常に限られていると思います。ましてや、「『いのち』はどこからきてどこへいくのか」という基本的な謎さえ、解明されていません。人の「いのち」を扱う「医」という字に、「巫」や「神聖な力」といった意味が込められているのは、医学・医療は、「いのち」について机上で科学的に考えても解決することができず、「いのち」とはサムシンググレートの力によるものであると、人間が直感的に、霊感的に感受していることの表れではないでしょうか。そして、現代でもなお、「医」の根本は「目に見えないもの」として観念せざるをえず、その文字が生きつづけているのでしょう。

 

 


【真の「健康」とはなにか】

さて、西洋医学は、人間の「知性」をフル活用して、人の病気を治すために輝かしい成果を挙げてきました。しかし、「知性」のみを活用して進歩する西洋医学の方向性には、そもそも限界があるのではないでしょうか。「巫」すなわち「霊性」(敢えて言えば「霊性」とは「人間は宇宙の中に存在する、即ち宇宙の一部分である」ということ)を再認識し、再度西洋医学にも活用することが、「知性」のみをもってした西洋医学の限界を打破することに繋がると思います。人間が、知性に加えて霊的にも進化を遂げれば、より多くの病気の治癒を可能にすることができるでしょう。

 

「霊性」「霊的」については、1990年に、WHO(世界保健機関)執行理事会で討議された「健康の定義」の改正案として、従来の「健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的にも満たされた状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」という定義から、「霊的(spiritual)」を加えた「Health is dynamic state of complete physical, mental, spiritual, and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.」へと定義を改める検討が行われたそうですが、現在は議長預かりとなっているそうです。


そこで、「霊的な健康」とは何かと考えてみると、「身体的」「心理的」「社会的因子」を包含して、そもそも人間の「生きること」に対する(生きることへの本質が判然としないが故に[※私見によれば宇宙に漂う存在であるにすぎない自分への自覚がないことを言うのでしょう。])苦悩、苦痛、苛立ち、怒り、そして不安のない状態であると思います。単純なメンタルヘルスとは思考活動の健全性をいい、spiritual healthとは心の健全性をいうとも解釈できます。そのspiritualな世界は、人間が宇宙に漂う存在に過ぎないと自覚することに始まるです。

 

「自分は何のために生きているのか」「なぜ自分がこんなに苦しむのか」と苦悩、苦痛、苛立ち、怒り、そして不安に感じることは、精神的なものであると同時に霊的なものでもあります。特に人生の終末に近づいた人にとっては、自らを許すこと、他の人々と「気が合うこと」等々と関連しているでしょう。私は9月9日に長女をがんで亡くしてしまいましたが、亡くなる前日の9月8日午後9時に、私は入院先で長女に「ありがとう。」と話しかけました。そのとき、長女がそれを理解して「ありがとう。」と返事をしてくれました。長女と私が霊的な健康を取り戻した瞬間でもあると思います。私の魂は、長女が宇宙へ旅立つ直前に、長女の魂によって癒され、慰めで満ち足りた気がいたしました。これは、お互いの魂が霊的な結合を取り戻した瞬間であると思いました。

 

また、愛する人を亡くした後、ふと近くに居るように感じることがあり、見守ってくれているよう感じることがありますが、これは、亡くなった人が戻っていった大宇宙との一体感を共に感じていることであると思います。霊的な健康とは、人間が「生きること」において不可欠なもの、人間の全体性に深く関わっているもの、自分と宇宙とのつながりをイメージできるようなものではないでしょうか。

 

私は9月22日付記事「祈りと気」において、「手術の名手も手術の直前に手を合わせて祈る」ということを述べた上で、「『祈り』という行為とは、純粋な人間的な行為である」と述べました。これはすなわち、人間の霊性に基づく「祈ること」という行為が、「生きることを求めること」そのものだと思うからです。

 

人間には4つのファクターがあり、身体的(フィジカル)、感情的(エモーショナル)、知性的(インテレクチュアル)、霊性(スピリチュアル)のそれぞれのファクターが調和することで、「自己免疫力」「自己治癒力」を発動させ、病気を治癒することができるという説があります(「ソマチッドと717Xの真実」ガストン・ネサーン寄稿、稲田芳弘著、ECOクリエイティブ、31頁)。目に見える科学に基盤を置いている西洋医学では、「霊性」のファクターを重視することなく治療が施されていきます。これは、「医」が「巫」という世界から離れてしまった例であると思います。私たちの「いのち」が与えられた元は宇宙である、との意識を欠いては「自己免疫力」「自己治癒力」を十分発動させることができないでしょう。

 

「医」の古い字体を見れば、「巫」という文字があります。この意味を再説すれば、「巫」の字には、二人の「人」が表示されていますが、これは、複数の人が、身振り手振りをもって、全身全霊で祈り、神に信じられないぐらいの高度な技(工)を発揮させてほしいという願いが込められているのでしょう。「医」という字の古い字体を改めて凝視し、尚、この意味を十分悟らなければならないほど、医学が今でも未熟な学問であることを改めて痛感した次第でございます。

 

 

【宇宙人に近づくか?】

さて、人間が、知性に加えて霊的にも進化を遂げれば、より多くの病気の治癒を可能にすることができると、先に述べましたが、齋藤博保先生は、人間の今後の進化について、次のように述べられています。

 

「地球上の生物が、サムシンググレートによって生かされるなか、私は現代社会においても『人間の心の支配』は『神の力に及ばない』ということを感じています。

真の『健康』とはなにかと考えた時、宇宙空間の宇宙の法則に従うことが『霊的な健康』を得ることであり、安らかなる適応力を得ることだと思います。たとえ『霊的な健康』から疎遠気味であっても、血は延々と受け継がれ、霊的結合が疎通され、心と心を結ぶことになるのではないでしょうか。

最近、私はこんなことを妄想します。『人類は、動物であったが人間となり、やがて、宇宙人となる。』

つまり、人間が他の生物と共栄、共存していた時代(動物の時代)から、現在は、人間だけの我欲の時代となりました。人間は、機械化あるいはロボット化に次第に頼るようになり、手足等を動かす脊髄神経が、次第に機能低下して退化していきます。そうすると、人間は脳ばかり発達し、つまり小生が子どもの頃漫画でみた、頭が大きく手足の細い火星人のような姿になるのではないでしょうか。」

 

人間社会のロボット化が進めば、それこそ「目配せ」だけでロボットが何でもしてくれるようになります。それに人間の『脳』が慣れていき、四肢を動かさなくても「目配せ」だけで活動できるようになり、それゆえ次第に四肢は細くなり、脳ばかりが発達する時代が来ます。この齋藤先生のお考えに触れて、古川聡宇宙飛行士が、2011年6月8日 から11月22日まで、宇宙に連続167日滞在した後地球に帰還した際、「気分は最高だが、体はまるで軟体動物のよう。立っていられない、歩けない。」と述べられたことを思い出しました。これは、わずかな力で脚を挙げることができた無重力環境に『脳』が慣れてしまったことが原因だそうです。ロボット化が進むことで、宇宙という無重力空間にいることと同じ現象を招く時代、人間が宇宙人に近づく時代が来るのだと思います。それが、千年後か、一万年後かは分かりませんが・・・。

 

石原慎太郎東京都知事は、オリンピックを東京でもう一度開催したいと招致に前向きな姿勢を示しています。これは色々と批判があるところではありますが、私は、オリンピックは、人間の身体的能力、心理的能力、あるいは動物性というものを確認し、再度チャレンジするために意味があることであると思います。オリンピックでは、人間の身体的、心理的能力の限界を極める各種のスポーツがありますが、世界新記録が出なくなった時、人間の身体的能力は限界に達し、さらに機能低下が始まるということを意味していると思います。つまり、人間が動物性から離れて、宇宙人へと近づく世界に突入する時代、ということであると思います。

コメント(2)

高井伸夫先生

現役時代の尊敬する上司である伊藤仁久様より高井先生のブログを御紹介戴きました。
コメントを送らせて戴く事も可能との事で、僭越ながら最近になって思う事や気になる
事を認めさせて戴きます。

コメントと申しましても、最近私が思う事だけですので、前もってお伝えします。
私深澤大治郎は現在米国カリフォルニア州サンノゼ市に家内、長女、子犬と一緒に在住で
66歳になります。特別な能力もないのですが体が動く内は働く希望を持って居ります。

人間の持つ「気」についてのお話です。

中村天風のお話を伊藤様より御紹介戴いたのが30年前でしたが私個人は大いに納得し
て更に深く知りたいと思う様になりました。

米国に来る前に体を調整したいと考えて、登山中に痛めた腰痛治療では故郷岩手の整体
師の紹介で下北沢の工藤務整骨院に通院、私の体に会った治癒力を引き出す治療で以来
元気です。治癒力を引き出す治療の技術を会得したいと思い、家内を実験台に挑戦は
未だに継続中ですが、思う様にはいきません。工藤先生には私の頭が硬い、「緊張はせず
気合を入れて」又「気功での治療も可能だが、1日の患者数が限定されてしまうので手
で触って血流をよくして力を引き出す」との話でした。

お弟子さんの一人は独立し、触る治療の他に並行して「お手当て」と言う手を当てるだけ
で治療の力を津田ひろ子さんと言う先生より修業中と伺っております。

時をほぼ同じくして私の兄が亡くなり、残された家族、兄嫁は宗教に救いを求めて縋り
ました。「真光」と言う宗教なのだそうですが、宇宙の力を祈る事から集めてこの
力は自分の体を通って面前の人の額に手をかざすだけで宇宙の力を引き入れて自分と相手
の体も綺麗にして健康体にする、と云う事を聞きました。兄嫁は自分の子供にも手かざし
を施して健康です。

実の姉69歳になりますが、長男が合気道を修行して師範となりました。気功を行い
姉の体を支えてくれている様子です。体がぽかぽかして気持ちよくなるのだそうです。

私の周りで健康を保つ上で気の関係は以上ですが、お蔭様で私も何とか健康を維持して
おりますが何とかして技術を会得し、これを自分の周りの皆に役立てたい気持ちは益々
大きくなっています。技術ではなく心を磨くべきなのかもしれませんが、元々の心が知
れたものですから簡単ではないのかとも思います。

気功で少しは力をつけられるのかもしれませんが、工藤先生のお話の様に自分の中に
持っている気の力を一方的に吐き出すのでしたら、吐き出した後はがっくりしてしまう
のかとも思いますが、真光の宗教の場合は宇宙からの力を呼び集めて通過させるだけで
お互いが健康体となるのであれば、基本的に気功とは少し違う考え方の様です。
実の姉の長男にも話を聞いて見ます。「お手当て」の関係でがっくりくるとの話は聞いて
おりません。

宇宙の力、医学の限られた力、命の力、人間力、等気力に関係する話は更に広がりを
見せる所と考えます。気力に優れた亡き父親とは何とかしてあの世との交信が出来ない
ものか?私の感性、心のままでは無理かもしれませんが、諦めてもいません。生前の
父親とそのような話も致しました。父親は霊魂が時々見える、と話ましたが、息子の
私には全く見えた経験はありません。

40年以上お付き合いのあるキリスト教の牧師先生は異言を伝えられた事があるそうで、
簡単にはキリストが乗り移って牧師先生の口を借りて話をする事があったそうです。
祈りの力なのかとも思われます。

コメントする

ご利用案内

内容につきましては、私の雑感等も含まれますので、真実性や正確性を保証するものではない旨ご了解下さい。

コメント欄に法律相談を書き込まないようお願い致します。

私のブログへのご意見・ご批評をお待ちしております。コメントは承認制とさせて頂いておりますが、基本的に掲載させて頂きたく存じますので、ご記名のうえご記入下さい。掲載不可の方はその旨ご記入下さい。

→ リンクポリシー・著作権

カレンダー

<   2011年12月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

プロフィール

高井・岡芹法律事務所会長
弁護士 高井伸夫
http://www.law-pro.jp/

Nobuo Takai

バナーを作成