10/13【終了】当セミナーは終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

9/30【満員御礼】当セミナーは受付を締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。

セミナー名

高井・岡芹法律事務所、株式会社労働新聞社共催特別セミナー
「AI(人工知能)が拓く未来 ~人事労務分野への影響を探り可能性を考える~」

  昨今テレビや新聞を毎日賑わせている「人工知能(AI)」。人工知能が私たちの生活に及ぼす影響は甚大であり、今まさに大きな注目点です。その進化の速度は凄まじく、未来の話と思っていては取り残されてしまいます。
  より多くの方々にこの問題を身近に感じ、また考えていただく機会となることを願い、今年4月~6月に小職も参加して「週刊 労働新聞」において掲載された連載「人工知能が拓く未来~人事労務分野への影響~(全12回)」でご執筆いただいた5名の うち2名を講師にお招きし、今般、下記テーマでセミナーを開催することといたしました。
  此処にご案内申し上げますので皆様の奮ってのご参加をお願い申し上げます。

会長弁護士 髙井伸夫 2016年9月

第1部

(13:45~)

センサデータの活用で始まった、AIを活用した職場環境改善
 (講師:青木 俊介 氏(ユカイ工学株式会社 代表))

  センサを活用して私たちの労働環境からビッグデータを作り出し、AIを活用して職場環境改善に役立てるサービスが始まっています。各企業の取り組み事例をご紹介いただきながら、今後AIが職場環境改善にどう利用されていくかについて解説いただきます。

【主な内容】

●センサを活用した労働環境計測の事例
●デバイスの例
●AIによる分析を活用した職場環境改善事例
●人事分野にけるセンサデータを活用した最新のサービス内容の紹介 など

第2部

(15:00~)

今なぜ、人事がAIに向き合わなければならないか ~その背景と今後の可能性について~
 (講師:藤井 薫 氏(株式会社リクルートキャリア リクナビNEXT編集長))

  今なぜ、人事がAIに向き合う必要があるのか?変化のキーワード、利活用の方向性、活用に向けた2つの壁、人間がやるべきことをベースにお話しいただきます。
  人智を超える新たな力であるAIが、どう人事や企業組織を変えるのか?講師が人事プロフェッショナルやAIの先端研究者の方々と対話の中から掴んだ視座から「AI×人事が拓く未来」について語っていただきます。

【主な内容】

●変化のキーワードからみる
1.不可逆な経営環境GDP
2.サービス経済化
3.KKDからKDDへ
●人事における利活用の方向性
●2つのAの壁
1.A○○○○なくしてA○○○○なし
2.A○○○○ よりA○○○○
●人間がやるべきこと

日時 10月12日(水)13:30 ~ 16:10(13時開場、質疑応答含む)
会場

連合会館 201会議室(アクセス

参加費用

3,000円(資料含む・税込み)

下記「セミナーお申込みフォーム」に必要事項をご記入のうえお申込みください。(株)労働新聞社より請求書を郵送申し上げますので、以下の口座にお振込ください

【お振込先】 三井住友銀行 ときわ台支店(672)
支払口座  普通預金(口座番号6765584)
口座名義  株式会社労働新聞社 カ)ロウドウシンブンシャ

定員

80名程度(定員に達し次第、締め切らせていただきます。)

お申込み方法

 onlineform.JPG

※(株)労働新聞社のページへ遷移いたします。

申込フォームがご利用いただけない方には、FAXでのご案内もしております。
下記からPDFをダウンロードの上、FAX(03-3956-1611)にてお申込みください。

pdf-moushikomi.JPG