セミナー概要

テーマ詳細 Ⅰ 時間外労働の上限規制
 1.時間外労働の上限規制
 2.労使協定(36協定)の記載事項
 3.適用除外の取り扱い
 4.時間外労働の上限規制に関する罰則
 5.中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率(50%)適用

Ⅱ 勤務間インターバル制度
 1.勤務間インターバル制度の普及促進
 2.その他の労働時間等の設定の改善を図るための措置

Ⅲ 年休、フレックスタイム、高度プロフェッショナル制度、労働安全衛生法
 1.年次有給休暇の時季指定による付与義務
 2.フレックスタイム制
 3.高度プロフェッショナル制度の創設
 4.面接指導の強化
 5.産業医・産業保健機能の強化
 6.労働時間の把握の実効性確保

Ⅳ 同一労働・同一賃金
 1.パート労働法の法律名・定義の改正
 2.不合理な待遇差を解消するための規定の整備等

Ⅴ 派遣労働者
 1.不合理な待遇差を解消するための規定の整備
 2.派遣先労働者の賃金等の待遇に関する情報を派遣元事業主に提供する義務
 3.労働者に対する待遇に関する説明義務
日時 2018年11月16日(金)10:00~16:30
会場 株式会社労務行政セミナールーム

地図を見る

参加費用 WEB労政時報会員・労働法ナビ会員25,460円 一般参加31,060円 WEB限定価格30,860円
※価格は全て税込

お申込み方法

株式会社労務行政のHP(下記のリンク)よりお申込みください。