セミナー概要

テーマ詳細 同一労働同一賃金や無期転換ルールを踏まえた
『高年齢者雇用をめぐる法的問題と実務対応』
~近時トラブル増加中の高年齢者雇用に関する留意点~

(講師:高井・岡芹法律事務所 弁護士 帯刀康一)

1971年10月に交連令者雇用安定法が施行されてから約半世紀が経過しようとしています。その間、同法自体の改正もありましたが、近時は、労働契約法18条の無期転換ルールや同20条の期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止との関係で、トラブルが発生し、法的紛争となるケースも増加しています。
本講座では、人事担当者に不可欠な高齢者雇用をめぐる法的な知識と実務対応について、分かりやすく解説します。


【本講座のポイント】
①高年齢者雇用と労働法制の関係を明らかにします
②高年齢者の賃金等の待遇問題―労働契約法20条との関係を中心に解説します
③高年齢者の雇止め等の諸問題への対応を紹介します
日時 2017年11月21日(火)13:30~16:30(開場13:00)
会場 株式会社労務行政 セミナールーム
※大阪会場 オンラインLIVEセミナーも同時配信
参加費用 WEB労政時報会員・労働法ナビ会員13,840円/WEB限定価格17,080円/一般参加17,280円
※いずれも税込です

お申込み方法

株式会社労務行政HP(下記のリンク)よりお申込みください