セミナー概要

テーマ詳細 近年、企業で働く人たちのストレスに起因する企業の経済的損失は無視できないものになっています。
その意味で、社員のこころの健康を守り高める対策を取ることは、企業にとって投資と位置づけることができるほどです。
今回は、ストレス対処法として世界的に広く知られている認知行動療法のアプローチをわかりやすく紹介して、社員がこころの健康を高めて生き生きと働けるようになるためのポイントについてご紹介いたします。
主催者 高井・岡芹法律事務所
講師 精神科医 大野 裕 先生

【プロフィール】
一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長、1978年慶應義塾大学医学部卒業、コーネル大学、ペンシルベニア大学留学後、2002年より慶應義塾大学教授、2011年国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長(現、顧問)。

日本認知療法・認知行動療法学会、日本ストレス学会、日本ポジティブ医学会の理事長などを務め、著書も多数。2000年から日本経済新聞にコラム「こころの健康学」を毎週執筆中。
日時 2017年10月19日(木)14:00~15:30(質疑応答含む)
会場 アルカディア市ヶ谷

地図を見る

参加費用 顧問会社の方1名様:3,000円
一般の方 1名様:5,000円
定員 50名

お申込み方法

10月13日(金)までに以下お申込みフォームよりお申し込みのうえ、受講料を以下の口座へお振込みください。

【お振込先】
三菱東京UFJ銀行 市ヶ谷支店
支払口座  普通預金(口座番号4345373)
口座名義  高井伸夫(タカイノブオ)
※定員を超えた場合には、10月13日(金)以前でも、申し込みを締め切らせていただく場合がございます。
※申込フォームがご利用いただけない方には、FAXでのご案内もしております。
下記からPDFをDLしてください。