フランチャイズ契約を締結する際に書面を取り交わす必要はありますか?
また、期間についてもあらかじめ取り決めておく必要はありますか?

中国ではフランチャイズ契約は書面をもって締結することが義務付けられています。また、契約期間も原則として3年を下回ることはできません。

 

(1)フランチャイズ契約書の作成義務

中国ではフランチャイズ契約は書面をもって締結しなければなりません(商業特許経営管理条例11条)。また、フランチャイズ契約書のひな形は商務主管当局に届け出る必要があります(同8条)。

フランチャイズ契約書を商務主管部門へ届け出ない場合、1万元以上5万元以下の罰金が科されます(同25条)。

なお、フランチャイズ契約書が作成されていない場合でも、契約自体は有効であると考えられています。

 

(2)契約期間

フランチャイズ契約の期間は、フランチャイジーの同意がある場合を除いて、3年を下回ってはいけません(同13条1項)。あまりに短いフランチャイズ契約の締結を予防することで、フランチャイジーの利益を保護しようとする趣旨であるといえます。なお、フランチャイズ契約を更新する場合には、このような制限はありません(同条2項)。

 

以上