高井・岡芹法律事務所 人事・労務問題、労働問題を主とする企業法務

中国業務

当事務所は、弊所高井伸夫会長弁護士が80年代に築いた中国司法関係者との密接な業務関係を基礎に、90年代より中国業務への取り組みを開始し、以来主要な業務分野として注力して参りました。

現在、当事務所中国業務グループは、東京事務所中国室・上海代表処(99年設立)・北京代表処(06年設立)から成り、それぞれに経験豊富な日本/中国の弁護士及び専門家スタッフを擁し、地域(日本・中国)及び言語(日本語・中国語・英語)を問わず、あらゆる法律分野において専門性の高いサービスを迅速に提供できる体制を整えております。