「ジュリスト増刊 実務に効く労働判例精選 第2版」有斐閣
著者 岡芹健夫(共著)
出版社 有斐閣
初版発行日 2018年10月30日
本体価格 3,000円(税抜)
ISBN 978-4641215108

内容紹介

所長弁護士 岡芹健夫が「第10章 労働者をめぐる問題-27 労基法・労契法上の労働者」の執筆を担当しました。

—————————————————

・実務に効く労働判例精選、待望の第2版。

2014年の前版から掲載判例を一新し、項目の大部分において執筆者の労使分担を入れ替えた。

・雇用関係が多様化する中、労使ともに注目すべき最新の論点を取り入れた信頼の一冊。

目次

第1章 労働契約の成立・承継

1 求人票と労働契約の内容

2 事業譲渡と労働契約承継

3 会社分割と労働契約承継

第2章 労働時間

4 労働時間

5 定額残業制

6 事業場外労働・裁量労働

7 管理監督者

第3章 人事

8 配転命令

9 降格・降給

第4章 労働条件の不利益変更

10 労働条件の不利益変更

第5章 懲戒

11 懲戒の事由と手続

12 内部告発と懲戒処分

13 懲戒解雇と退職金

第6章 労働契約の終了

14 能力不足・成績不良を理由とする普通解雇

15 私傷病と労働契約の終了

16 整理解雇

17 労働契約の合意解約

第7章 パート・有期雇用

18 雇止め

19 処遇をめぐる問題

20 定年後雇用

第8章 労働者の義務・賠償責任

21 退職後の秘密保持義務・競業避止義務

22 従業員に対する損害賠償請求

第9章 労災・ハラスメント

23 業務上外認定と安全配慮義務

24 セクシュアル・ハラスメント

25 パワー・ハラスメント

26 マタニティ・ハラスメント

第10章 「労働者」をめぐる問題

27 労基法・労契法上の労働者(岡芹健夫 担当分)

28 労組法上の労働者

第11章 団体交渉をめぐる問題

29 労組法上の使用者

30 団体交渉──義務的団交事項と誠実交渉義務